英語学習のカギ

エッセイの書き方やテスト対策、英語を勉強する上での豆知識等をご紹介します。

【英語学習】「fresh off the boat」は「移住したての人」のこと

「fresh off the boat」というフレーズは実は歴史的な背景があります。その背景やフ各単語のニュアンスを理解すれば意味を取りやすくなります。 fresh          新鮮な、新しい off              ~から離れて、~から降りて   the boat      ボート、船 それぞれを繋いでみてください。どんな意味になるでしょう。 「新しく船から降りた(人)」 昔々の移民は船で移動しました。「移住するためにやって来て船から降りたばかりの人」から派生して 「移り住んできて日が浅いので何も知らない」 「移住してきたばかりで、その地の言語や慣習に馴染めていない」 という意味として使われるようになりました。 実はこのフレーズには海外(特に東洋や中東)からの移民に対する「何も知らない=無知」「言語や慣習に馴染めない=文化程度が低い」といった差別的態度が内包されているので使用については十分に気を付けた方がよいでしょう。とはいえ歴史的背景を理解することは大切ですので知識として身に着けておきましょう。

【英語学習】「nurse」は看護師/看護する以外の意味が実は幅広い

「nurse」という単語の意味としては「看護師」という名詞が最もよく知られていると思いますが、動詞で使う場合には幅が広がります。どんな時に使えるのか学んでボキャブラリーを広げましょう。 【名詞】看護師、保育士、乳母 【動詞】 (病人・怪我人を)看病・看護する ・We nursed the injured bird back to health. 私達は怪我をした鳥が回復するまで看病(世話を)した。 ・He worked in a hospital for ten years nursing cancer patients. 彼は10年間病院で癌患者の世話をした。

【英語学習】「不気味」を表す形容詞 「weird, spooky, creepy, eerie, uncanny」

不気味さを表す形容詞は結構あります。「strange 変な、異常な」といった単語だけでなく程度を上げた不気味さを表す例を下記に挙げてみます。 weird 超自然的な不気味さ ・a weird shriek 不気味な金切り声 ・She began to make inhuman weird sounds. 彼女は人間のものとは思えない不気味な声を上げ始めた。 spooky 幽霊が出そうな気味悪さ ・a spooky old house 幽霊が出そうな古い家 ・There’s something spooky about that place. あの場所はなんだか薄気味悪い。 ・It got

【英語学習】メーカーを言い表したい時

メーカーという単語は日常よく聞きますが、英単語として使う際には使い方が違います。違いをしっかり理解してみましょう。 maker 【可算名詞】製作者(職人などの小規模・個人を指す)   a furniture maker 家具職人 a tile maker 瓦焼き職人 a lacquer ware maker 漆塗り職人 【複合語】 filmmaker 映画制作者 holidaymaker 休日の行楽客 peacemaker 調停者、仲裁人 decision-maker 意思決定者 troublemaker トラブルメーカー、厄介者 dressmaker 婦人服の裁縫師、ドレスメーカー shoemaker 靴屋 manufacturer 【可算名詞】製造業者(会社などの大規模なもの、日本で一般的に使われる「メーカー」はこちらに該当する) a car/automobile manufacturer 自動車製造業者(メーカー)

【英語学習】自己主張に関連する単語

自己主張と一口に言っても、肯定的な建設的自己主張と、歓迎されないワガママがあります。英単語でもそういったニュアンスを含んでいますので、それぞれのニュアンスをしっかり覚えて適切に使えるようになりましょう。 assert 【動詞】断言する、強く主張する ・The report asserts confidently that the industry will grow. その報告書は当該業界が成長するであろうと自信をもって断言している。 ・His friends asserted that he was innocent. 友人たちは彼の無実を強く主張した。 ・You are too timid—you must try to

【英語学習】袖に隠し持っているものは

覚えやすくて使い勝手の良いフレーズを紹介します。是非とも身に着けておいて、ここぞという時に使ってみてください。     up one’s sleeve   「袖の中に(入れてある)」ということですが、どのような使われ方をするか予測がつきますか?   少し単語を足してみましょう。そうすると想像しやすくなりますか?   an ace up your sleeve 奥の手、切り札、秘訣   トランプをしていて、いざという時に出す為にエースの札を袖に隠し持っておく絵面を想像してみると覚えやすいかもしれません。   下記の例文などを参照すれば「隠し持っている」感を出す時に使われるというのが体感としてわかるかと思います。   have a card up

【英語学習】mediumとmediaは出どころが同じ

単数形と複数形が規則変化をしないペアをいくつかご紹介しましょう。日本語で定着している意味とは違うものもあるので注意しましょう。 =子供= 【単数形】child 【複数形】children =履修過程、カリキュラム= 【単数形】curriculum 【複数形】curricula / curriculums =協議事項= 【単数形】agendum *協議事項の一つ一つ 【複数形】agenda / agendums *協議事項のリスト 上記 * のように考えると区別しやすいかと思います。 =媒体、伝達手段、中間= 【単数形】medium 【複数形】media / mediums media という単語は日本では概ね「マスメディア」という意味で一般に定着していますが、本来的には「情報伝達の媒介手段」という意味だということを覚えておきましょう。「マスメディア、マスコミ」の意で使いたい場合は the

【英語学習】似て非なるもの(4)

パッと見に似ているけれど厳密な意味や使い方が違う単語を紹介しましょう。 trustful 【形容詞】信頼の念に満ちた → 人を信じやすい ・in a trustful manner 信念に満ちた態度で ・She was so naive and trustful. 彼女は純真で人を信じやすかった。 trustworthy 【形容詞】信用に値する ・Tom is a trustworthy person. トムは信用できる人だ。 unmoral = amoral 【形容詞】道徳基準をもたない、道徳観念の無い ・He was

算数や数学を英語で勉強してみよう

カナダの学校でももちろん、日本と同様に、算数や数学などの教科があります。学習内容は似ていますが、使用する単語や用語などが英語であり、日本語とは大幅に異なるので少し難しいかもしれません。そこで、こちらの記事では、算数や数学で使う英語をご紹介します。過去には、数学が苦手な人向けの記事も投稿していますので是非ご覧ください。 『数字の種類』 複素数 complex number(記号C):すべての数字 実数 real number(記号R):虚数以外の数字 虚数 imaginary number:i など 有理数 rational number(記号Q):実数の中で無理数以外の数字 無理数 irrational number: π、√2 など 整数 integer(記号Z):…-3、-2、-1、0、1、2、3…など 奇数 odd number:1、3、5…など

【英語学習】描写する

下記の単語は共に「描写する」という動詞ですが、どのような時に使うのか整理してみましょう。 describe 言葉で述べる、説明する、描写する ・She was able to describe her attacker to the police. 彼女は自分を襲った人物のことを警察に供述した。 ・Words cannot describe what I felt at that moment. その時私が感じたことは言葉では表しきれない。 depict (絵画・映画などで)描く、映し出す、(言葉で)描写する ・The

【動画】カタカナ英語って実は通じない?英語にも方言があるの?

カタカナ英語はよく日本人の日常会話で使われていますが、カナダ人には通じるのでしょうか?また、カナダ英語・アメリカ英語・イギリス英語では、表現に違いがあるって知っていますか? この動画では、カナダに高校生の時から住んでいる日本人のナギサと、アメリカ育ちイギリスに留学していたカナダ人のローラがお互いに「カタカナ英語」と「英語の方言」のクイズを出し合います。果たして2人は何問正解できるのでしょうか?皆さんもクイズに答えられるか考えてみてくださいね! 他にも面白いカタカナ英語や英語の方言があったら是非コメント欄で教えてください!また、「こんな英語勉強用動画を撮ってほしい!」のようなリクエストもお待ちしております。

【英語学習】「恥ずかしい」や「困惑」を表す

一言で「恥ずかしい」といっても、気持ちを表す場合や状態を表す場合など、感覚や状況は様々です。どんな場合にどの単語を使うのかをしっかり理解しておきましょう。 shy 【形容詞】恥ずかしがり、内気の、用心深くて ・She was too shy to ask anyone for help. 彼女は内気なので誰かに助けを求めることを躊躇した。 (too~to~~ = ~すぎて~~できない) ・The panda is a shy creature. パンダは用心深い動物です。 embarrass 【動詞】恥ずかしい思いをさせる、邪魔をする、金銭的に困らせる

バンクーバーに住んでいるなら常識?!なスラング集

バンクーバー独自のユニークな言葉って多くありますよね。この記事ではそんな、バンクーバー独自のスラングについてご紹介します。 バンクーバー市(City of Vancouver)のニックネーム バンクーバー市には多くのニックネーム(あだ名)があります。バンクーバー在住ならば是非とも知っておくべきです!以下のリストでどれぐらい知っているか確認してみてくださいね。 Vancity(バンシティー) Vancouverites(バンクーバー人)はバンクーバー市のことを「Vancity」と省略し呼んでいます。 使い方 I am driving up to Vancity this coming Long Weekend. (この長期連休に、「Vancity」までドライブする予定だよ。) City of Glass(ガラスの都市) この単語だけ聞くと、上品なイメージがあるかもしれないですし、少し怖いイメージがあるかもしれません。バンクーバー市は鉄やガラスを多く利用した建物が多くあるため、このように「City of Glass」と呼ばれています。

【英語学習】「正座」「体育座り」を説明する

日本人にはお馴染みの「正座」「体育座り」も、床に座る習慣の無い国の人は理解しにくいかもしれません。そんな人にどうやって説明すれば良いか考えてみましょう。 =正座= 辞書やネットで検索してみると下記のような表現が出て来ます。 ・sit straight / sit upright ・sit square ・sit seiza-style 正座がどんなものなのか知っている人なら、上記表現で十分わかるかもしれませんが、あまり馴染みの無い人には下記のように言ってみてはいかがでしょう。 ・sit on one’s heals with one’s legs folded ・sit erect with one’s

【英語学習】「仕事」という名詞

「仕事」という英単語はすぐに浮かぶと思いますが、可算名詞になったり不可算名詞になったり、一つの単語なのに使える幅が広かったりと、なかなか変幻自在です。ここで名詞としての使い方を整理してみましょう。 work 【不可算名詞】仕事、努力、勉強、任務など ・clerical work 事務職 ・overtime work 超過勤務、残業 ・I have lots of work to do today. 今日はやるべきことが沢山ある。 ・Many young people are out of work. 多くの若者が仕事に就けていない。 【可算名詞】作品(書籍、音楽、絵画など)(単数・複数共に使う) 仕掛け、土木工事(複数で使う) ・an

【英語学習】似て非なるもの(3)

今回はパッと見に似ているけれど意味や使い方が違うイディオムを少しご紹介しましょう。 million yen 百万円 ・three million yen 三百万円 millions of yen 何百万円もの ・hundreds of millions of yen 何億円もの 【一口メモ】 millionもmillionsも基本的には複数形動詞を使うが、金額についていう場合は単数形を使う。 ・Two million (people) were affected. 200万人が感染した。 ・There were millions of

【英語学習】似て非なるもの(2)

前回の記事はこちら パッと見に似ているけれど意味や使い方が全然違う単語をまた少しご紹介しましょう。今回はどちらも形容詞で見た目も似ている単語同士を比較します。 intelligent 《人間や動物に使う》 高度な知性のある、(コンピュータ・ソフトなどが)高度な処理能力を持つ ・intelligent life 知的生命体 ・intelligent control system インテリジェント制御システム(略称 ICS) ・Dolphins are intelligent creatures. イルカは知的な動物である。 intellectual 《人間についてのみ使う》 (感情ではなく)知性の、理知的な、 ・intellectual work/occupation 知的職業 ・intellectual asset 知的財産 ・She is very intellectual. 彼女は非常に理知的です。 continuous 《時間的・空間的に途切れずに続く》 連続的な、一連の ・continuous rain 長雨、ずっと続く雨

【英語学習】似て非なるもの(1)

パッと見に似ているけれど意味や使い方が全然違う単語にでくわすことはよくあると思います。あえて比較しながら整理することで両方を覚えやすくなると思います。いくつか挙げてみます。   =名詞としての比較= product 【可算名詞】工業生産物、製品  ・We have just launched a new product on to a market. 当社の新製品を市場に投入したところです。 ・The company sells its products around the world. その会社は世界中に商品を販売している。 (productは名詞としての使い方のみ) produce 【不可算名詞】農産物 

【英語学習】パンとバターが主食

前記事『家族に関連する単語やフレーズ』から一連で関連付けて覚えると役に立ちそうな生活に関連する単語やフレーズをご紹介します。 まずは最も一般的な表現を紹介します。 earn a living 生計を立てる ・She found it difficult to earn a living. 生計を立てるのは難しいことだと彼女は気付いた。 make a living 生計を立てる ・He can now make a living. 彼は今自分で生計を立てられている。 build a life 生計を成り立たせる

【英語学習】家族に関連する単語やフレーズ

家族に関連する単語やフレーズをご紹介します。しっかり理解しておけば読み書きの際に役立つと思いますので記憶に留めておいてみてください。 a family / the family = 家族単位で考えるので単数 the members of the family = 家族の構成員のことを言うので複数 例) ・The family has just moved in.  その一家は引っ越してきたばかりだ。 ・He has