留学体験談

カナダで実際に留学していた学生の生の声をお届けします。

【体験談:記事】カナダで「看護師・介護士になること」について聞いてみた

日本で看護師として働かれた後カナダで看護師になり、現在訪問介護のお仕事をされている阿部山優子さんにインタビューしました。カナダで看護師になることや介護士として働くことに関して、実体験をもとに話していただきました! 動画版はこちら 【以下、C→CISMスタッフ;優→優子さん】 C 「なぜカナダを選択されたのですか?」 優 「フランス以外でフランス語を話す場所で勉強をしたかったので、24年前にカナダのケベック州に来ました。BC州バンクーバーに来たのは15年前です。看護師になって12年ほどです。」 C 「どうしてカナダで看護師になられたのですか?」 優 「実は、カナダでは看護師になりたくなかったので、パン屋さんで一年以上働いていました。楽しかったのですが、パン屋さんで働くことを継続するのは大変だと思い、とりあえず今までやっていた看護師に戻ろうとしました。長い道のりであり、実際に看護師になるまでに3年かかりました。」 C 「カナダで介護士になる方法に関しても教えていただけますか?」 優 「日本で介護士をされていた方は経験がある方とみなされるため、『介護士になるために登録する協会』に直接申し込みができます。但し看護師と同様、『技術・英語・教育等』が査定されると思います。場合によっては、介護の経験がある場合でも、カナダで再度学校に通ったり、さらに英語の勉強をしたりする必要があります。一番お勧めするのは、カナダで介護士の学校に通うことです。介護士の学校に入学するには一定の英語力が必要ですが、そこで介護基礎の学習や実習を行い、8か月ほどで卒業証書をもらうことができます。卒業証書を受け取ると、BC州の介護士協会に登録できるという仕組みになっています。」 C 「カナダと日本のヘルスケア業界(看護/介護)の違いについて教えていただけますか?」 優 「カナダの看護師の一番良いことは、残業がないことです。看護師はこちらでは午前7:30から午後7:30まで12時間勤務であり、残業している人がいると時間通りに仕事ができない人のように思われます。また、誰かが誰かの上に立つという考え方がなく、看護師である自分の他に、理学療法士・作業療法士・栄養士・医師など様々な人が集まって一緒に仕事をしていきます。悪いことは、残念ですが、日本に比べチームワークがないと思います。自分の仕事以外に困っている人がいたら助けるというのが少ないように思います。しかし、これはコミュニケーションの問題もあるので、自分が助けてほしい時にはそれをきちんと伝えなければいけないのだと思います。」 C 「現在のお仕事(訪問介護)について教えていただけますか?」 優 「日本の病院の内科で3年働きましたが、30代半ばにて再びカナダで看護師として働くようになった時、同期の人たちは、大学卒業したばかりの22歳ぐらいの方々でした。同期の人たちが若いのは自分も若く感じるので嬉しいのですが、彼女たちの考え方に疑問を持つことがありました。ある日病院に、元気がないけれど帰らなければいけない患者さんがいました。『この患者さん帰って大丈夫かな?帰っても一人だよね?』と私が言った時に、その同期の人たちが『大丈夫だよ、私たち関係ないし、返すのが私たちの仕事だから』と言いました。その時に、多分私はここで教育を受けた看護師さんと一緒にやっていくのは難しいかもしれないと感じました。もちろんこれは私がたまたま体験したことであり、すべての病院がこのような形ではないと思います。看護師の皆さんはきちんと仕事をされていますが、この『自分たちの役割があってそれ以外のことはあまり気にしない』という考え方があることに疑問に思いました。『このような人たちが病院から戻った後にもきちんと幸せに生きられる場所を作るのが自分にできることである』と思い、現在地域で訪問介護の仕事を行っております。」 C 「カナダにおいての看護師や介護士の未来に関してお聞きしたいです。」

【動画】【体験談】カナダで「看護師・介護士になること」について聞いてみた

日本で看護師として働かれた後カナダで看護師になり、現在訪問介護のお仕事をされているYukoさんにインタビューしました。カナダで看護師になることや介護士として働くことに関して、実体験をもとに話していただきました! 【目次】 00:00 Yukoさんについて 00:33 カナダを選ばれた理由 00:51 カナダでどのようにして看護師になったのか 01:27 カナダで看護師になるプロセス 02:38 カナダで介護士になるプロセス 03:50 ヘルスケア業界での日本とカナダの違い(良い点) 04:46 ヘルスケア業界での日本とカナダの違い(悪い点) 05:22 現在のお仕事(訪問介護)について 06:59 カナダでの介護士や看護師の今後について 08:23 ヘルスケア業界において求められる人材 09:20 カナダでの介護士・看護師の今後の需要 09:52

【動画】30代・40代のカナダ留学:Co-op/Practicum(職業体験)がおススメな理由

Co-opやPracticumと呼ばれる職業体験は大人留学をする予定の方に特におススメです。ワーホリの年齢を超えてしまった30代や40代の方でも、海外での職業経験を得ることができます。具体的にどのようなプログラムがおススメなのでしょうか?職業経験はどのように役立つのでしょうか? 1:14 Co-op 1:37 Practicum 2:42 ヘルスケアコース 3:33 幼児教育コース 4:24 TESOLコース 5:33 通訳翻訳コース 6:07 職業体験の付随するコース 6:27 まとめ

【動画】最近カナダから日本に一時帰国した留学生に聞いてみた:手続きっていつもと違うの?

https://youtu.be/iyQT287IvQ8 現在カナダの高校に留学中のユイさんは、先日日本に一時帰国されました。コロナ禍での一時帰国となりましたが、手続きはいつもと異なっていたのでしょうか?検査や隔離などは必須なのでしょうか?空港の様子は?様々な質問に答えてもらいました!最後には、帰国予定の方向けにアドバイスもしてもらいましたよ! 目次0:42 帰国時に準備していたものは?1:01 ワクチン接種を受けましたか?1:13 空港・機内の様子の違いは?2:56 到着した羽田空港の様子は?4:16 到着後のPCR検査の様子6:23 到着後の自己隔離について7:06 これから帰国される方へのアドバイス

【動画】『ナギサの知らない留学の世界』カナダでまさかのコロナ陽性⁉「波乱万丈カナダ大学留学の世界」

▽今回は現役カナダ大学留学生のHinaさんが波乱万丈大学留学について紹介!カナダでまさかのコロナ陽性⁉ ナギサも驚く留学での数々の大事件とは? ▪ 番組内容 1:07 事件① ○○がなさすぎる 2:42 事件② ○○が下りなさすぎる 4:16 事件➂ カナダ渡航後まさかの○○ 5:21 良かったこと① 日本から2学期間○○ 7:03 良かったこと➁ 留学前の○○ 8:14 良かったこと③ 9月から念願の○○

【動画】50代でのカナダ留学:学生ビザは?学校は?

https://youtu.be/tUeSjnbr3lE 50代でカナダに留学!学生ビザは取得できるのでしょうか?50代で学校に戻るのって大丈夫なのでしょうか?実体験をご紹介します。 0:16 50代でのカナダ留学4:07 50代で学生に戻ることについて5:17 50代でも学生ビザは取得できるのか?9:02 実際に受講して9:28 アルバイトについて9:59 今後の展望 10:18 大事なことを一つお知らせします

Duolingo受けてみた:実際に受験したからわかったコツとおススメ勉強法

新型コロナウイルスの影響でIELTSやTOEFL受験ができない生徒が多くいたため、多くのカレッジやユニバーシティではDuolingo(デュオリンゴ)テストを入学時の英語条件として受け入れるようになってきています。Duolingoテストがどのようなものかということに関しては前回の記事をご覧ください。今回の記事では、実際に受験してみた感想やどんなテスト対策をするべきかなどについて、時系列でお話ししたいと思います。 受験前 まず、Duolingoのウェブサイトで、登録する必要があります。名前やメールアドレス、年齢などを入力します。 そして、テストを購入します。49アメリカドルです(2021年4月29日現在日本円で5300円ほど)。 時間や場所が指定されていないので、いつでもどこでも受験することができます。 受験日 受験日に必要なものがいくつかあります。 写真付きのID(パスポートなど) 静かな部屋 カメラとマイクがあるパソコン Duolingoのアプリをダウンロードすること(試験がアプリ上にあるので) また、試験を行う上での注意事項がいくつかあります。 ペンや紙を使ってメモをするのは禁止されています。 画面から目をそらしてはいけません。 ヘッドホンやイヤホンなどの使用も禁止です。 これらを行うと、カンニングとみなされ、試験結果がでません。 試験時間 試験は45分と、10分間のインタビューです。インタビューは成績には含まれませんが、学校に送られるので、真剣に行う必要があります。試験には4つの部分があります。リーディング、ライティング、スピーキング、リスニングです。すべての問題はランダムに表示されます。そのため、どのような問題が次に来るかは予想できません。 全ての問題には上部にタイマーがセットされています。30秒のタイマーの場合もあれば、2分半のタイマーの場合もあります。タイマーの時間が無くなる前に、その問題を解き終わらなければいけません。時間内に解き終わらなければ、次の問題に飛ばされます。そのため、時間も配慮しながら問題を解かなければいけません。 試験後の感想:試験内容について さて、ここからは試験内容のお話をします。 【リーディング】 リーディングには2種類の問題がありました。 文章の空欄に単語を埋める問題:短い文章が書かれており、その中の空欄に必要な単語を埋める問題です。何単語入れればよいかのヒントは書かれています。問題の中にはヒントとして、最初の1-2文字が埋められているものもあります。前置詞の問題が多くありました。用語を埋めるだけのシンプルな問題もありました。 2.実際にある英単語を選ぶ問題:表示される単語の中に、実際にある英単語と実在しない文字列が含まれています。実在する英単語をクリックし、実在しないと思ったら飛ばします。わからない場合は、クリックしないようにしましょう。点数が引かれてしまいます。

【動画】カナダ人女優ローラにインタビューしてみた

https://youtu.be/5s0JyJJP2Vc アメリカ育ち、イギリスに留学していたカナダ人女優ローラにインタビューしてみました。 0:15 どこに留学してた?0:44 イギリスに留学生はたくさんいた?1:10 卒業後はどんなことをしましたか?1:39 イギリス以外の場所でも働いた? ローラはCISMグローバル版にも出演中です:https://www.youtube.com/channel/UCB4xVfXAzWBDLtThrGM3Rrg 

【動画】留学中に周りの人がコロナにかかったら?:実体験をもとに対処法をご紹介

https://youtu.be/61TQ7XH_n0g 新型コロナウイルス禍に高校留学をしている学生も多くいます。クラスメートや先生、ホームステイなど周りの人がコロナにかかったらどうすればよいのでしょうか?実体験をもとに対処法をご紹介します。 【内容】・0:24 今高校留学ってできますか?現地の高校生はどんな生活をしていますか?・0:58 毎日の健康観察表・1:22 実際にコロナが出てしまった場合はどのような対応をしていますか?・2:03 もし一緒に住んでいる人やホストファミリーがコロナになってしまったら?・2:43 自分や同居している人がコロナになって、学校に行けなくなった場合は授業はどうする?

【動画】カナダでオンライン授業 ~通訳・翻訳~ <後編>

https://youtu.be/xhU3gmQyhZI ※この動画は、先週の『カナダでオンライン授業 ~通訳・翻訳~ <前編>』の続きです。 CISMのSophieは現在カナダに親子留学中 既に中国語と日本語の通訳として活躍していますがスキルアップのためにカナダ・バンクーバーに渡り英日の通訳翻訳プログラムに入学。 カナダでのオンライン授業の様子を大公開! 前編・後編2週連続で配信します! 【チャプター】 ・0:12 授業の進め方? ・03:26 クラスの様子 ・04:33 どんなデバイスを使っている? ・05:08 オンライン授業の長所 ・06:30 オンライン授業の短所

【動画】カナダでオンライン授業 ~通訳・翻訳~ <前編>

https://youtu.be/O2TJ_CfnLLw CISMのSophieは現在カナダに親子留学中 既に中国語と日本語の通訳として活躍していますがスキルアップのためにカナダ・バンクーバーに渡り英日の通訳翻訳プログラムに入学。 カナダでのオンライン授業の様子を大公開! 前編・後編2週連続で配信します! 【チャプター】・1:19​ 通訳翻訳クラスってどんなクラス? ・1:49​ スケジュールは? ・2:21​ 先生はどんな人? ・3:02​ クラスメートは? ・4:20​ 必修クラスは?

【動画】姉妹に再入国・自己隔離体験についてインタビュー!

カナダに留学中の高校生姉妹に、コロナ禍でのカナダ再入国・自己隔離体験についてインタビュー!(英語字幕) カナダの高校に留学中のMayuさん・Yuiさん姉妹にインタビューしました。お二人はコロナ禍の2020年8月初旬に、9月からの新学期に合わせてカナダ(バンクーバー)に再入国しました。現在のバンクーバー国際空港の様子や、2週間の自己隔離について話してくれました。これからカナダに戻ってくる予定の留学生や、カナダで自己隔離をする予定の方はぜひ参考にしてみてください!

【動画】再入国した際の様子を、日本人留学生が解説します!

コロナ禍でのカナダ再入国!羽田空港でお土産やお弁当が買えない!?国境封鎖されているカナダへ再入国した際の様子を、日本人留学生が解説します!(英語字幕) 新型コロナの影響を受け、日本に一時帰国中だった日本人留学生が、2020年8月下旬にカナダ・バンクーバーに帰ってきました!コロナ禍の羽田空港や機内、バンクーバー国際空港での様子を、パワーポイントを使って詳しくレポートしてくれました!これからカナダに入国される方はぜひ参考にしてみてください!

【動画】再入国時の様子を日本人留学生にインタビュー!

意外と緩い!?コロナ禍のカナダ・再入国時の様子を留学中の日本人留学生にインタビュー!(英語字幕) 新型コロナの影響を受け、日本に一時帰国中だった日本人留学生が、2020年8月中旬にカナダ・バンクーバーに再入国しました!コロナ禍の空港の様子や自己隔離について、インタビューに答えてくれました。現在のカナダ・バンクーバー国際空港の税関の様子や、自己隔離中の過ごし方、また注意事項等を教えてくれました。これからカナダに戻ってくる予定の方は、ぜひ参考にしてみてください!

【動画】新型コロナウイルス:カナダへの渡航と隔離体験

https://youtu.be/f6fgYi4RQ_4 日本人留学生ケントは最近日本からカナダへ渡航し、トロントの寮制の学校へ留学予定です。カナダへの飛行機や14日間の隔離体験に関してお話ししてくれました。今後カナダに渡航予定の方は必見の動画です。

【動画】日本人留学生のカナダ留学体験談!

https://youtu.be/U3AJAefTmew MCアビーが日本人留学生であるハルナにカナダでの体験について聞きました。ハルナは、カナダでどのような体験をしたのでしょうか?アビーとカナダの話でだいぶ盛り上がりました。今後カナダへ来る留学生に役立つ情報で盛りだくさんですよ!

【動画】カナダを留学先に選んだ理由 #IPICKCA

https://youtu.be/CNSDPuHQrnw I PICK CANADA! 50人以上の留学生が、カナダで撮った素敵な写真を送ってくれました。留学生の皆さんたちは日々カナダでたくさんの経験をしており、勉強以外にも毎日充実した生活を送っています。今現在カナダに留学中の皆さん、又はカナダへ留学経験のある方、カナダで撮った素敵な写真を他の方と共有してみませんか?興味のある方は、ぜひ私たちに写真を送ってください! #IPICKCA

【動画】コロナ禍でのカナダ再入国!空港での流れをご紹介

https://youtu.be/bA47dot9gD4 コロナ禍でのカナダ再入国!空港での流れは?カナダ入国できる?隔離は?(英語字幕) カナダの大学に留学中のNagisaは、新型コロナの影響で日本に帰国していました。今回コロナ禍の6月中旬、再び日本からカナダ・バンクーバーに戻って来ました。出国前の羽田空港の様子や、カナダ再入国に必要だったステップ、またバンクーバー国際空港の様子についてレポートします!補足:Nagisaの場合は求められませんでしたが、カナダへの渡航前に「ArrivalCAN」というカナダ政府のアプリをスマホにダウンロードし、自己隔離プランを提出することをお勧めします。カナダ政府のウェブサイトによると、全ての渡航者には提出義務があるとのことです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

カナダ東部ノバスコシア州にある学校に通った生徒の声

今回はカナダ東部のノバスコシア州にある私立の小中高一貫校、ムンローアカデミー (Munro Academy)に通われた2名の生徒さん、保護者の方にインタビューをさせていただきました。ムンローアカデミーでは協力的で思いやりのある教育コミュニティの提供を目指しています。学生は、物事に対して批判的精神を持って客観的に分析するクリティカル・シンキングを探求し、学びを愛するという、クリスチャンの視点から学習することができます。 学生の体験談 8年生(14歳)男子学生 学校での過ごし方 ESLキャンプではいろんな体験ができました。新しい友達ができたり、日本で経験できなかったことがたくさんできたりして、とても楽しいです。ムンローアカデミーで好きなことは、授業、友達と過ごす時間、毎日の学校生活です。ランチタイムで昼ごはんを食べたあとに、体育館でバスケ、バレーボール、バドミントンなど、いろいろなスポーツをしています。 入学してから中国、韓国、カナダ出身の友達ができました。みんな優しくしてくれていっぱい話しかけてくれるので、とてもいい友達だと思います。 カナダでの生活について カナダでの新しい生活で好きなことは、毎日英語でいろんな人たちと話すことです。最初は難しかったのですが、どんどん慣れてきて毎日が楽しくなりました。英語は最初カナダに来たよりかは、うまくなったと思います。 ギターを習うことも好きなことのひとつです。ギターの先生はギターがすごく上手なのでわかりやすいし、すごく楽しく教えてくれます。たまにバンドでギターを弾いたり、家では筋トレ、運動などをしています。ホームステイの方々はいつも優しくしてくださって、お母さんみたいに見守ってくれます。ホームステイ先には高校1年生の子がいて、たまにその子と一緒に音楽を演奏することもあります。僕のホームステイはすごく最高で、カナダでの生活が楽しいです。 2017年度卒業女子学生 学校での過ごし方 ESLキャンプについては少人数で学べる環境がよく、授業中に質問もしやすかったです。少人数のおかげでクラスメイトともすぐに仲良くなれました。また、ハイキングや釣り、乗馬体験など、自然と触れ合う機会が多かったので、嬉しかったです。 ムンローアカデミーのいいところは、1日がチャペルから始まるということです。また、SEAクラブや演劇クラブ、陸上クラブなどたくさんの機会が学生たちに与えられていることがいいなと思いました。友達とは毎日を楽しく過ごせただけでなく、ミッショントリップで一緒にケニアに行ったなどのたくさんの思い出があります。今でも仲良く過ごせているので学校にとても感謝しています。私の英語力はカナダに行く前と比べたらずいぶん伸びたと思います。その理由としては、毎日家族や現地の友達とコミュニケーションを取ったり、学校の先生たちがエッセイの添削などを手伝ってくださったりしたことが挙げられると思います。 カナダでの生活について カナダ生活の中で思い出に残っていることは、ホストファミリーと過ごした何気ない毎日です。一緒に食事をしたり会話をしたりすることが楽しかったです。また、いろんな大自然の場所でハイキングができたこともすごく思い出に残っています。ホームステイ先は本当に私に良くしてくださって、美味しい料理も作ってくださり、勉強するための良い環境も整えてくださいました。家族でどこかにお出かけするとなると、いつも私を連れて行ってくれて、とても感謝しています。家での居心地も最高に良く、いつもリラックスして過ごすことが出来ました。個人的には、このファミリーが最高のホームステイ先だと思っています。 保護者の声(娘2人が2017年および2014年に参加) ムンローアカデミーについて ESLキャンプでは英語の勉強を丁寧に教えていただいたことはもちろんですが、私の娘たちは日本では経験できなかった大自然の中での体験が出来ました。例えば、カヤックにのったり、ケーブトレイルという大自然のドライブができるところをまわったそうです。綺麗な海があって、空には鷲が飛んでいく、日本では想像できないような自然の中で勉強できたことはとても感謝しています。 ムンローアカデミーは勉強ばかりではなく、良い学校だといえるんじゃないかと思います。カナダという大自然の中で先生方が皆あたたかく、学生ひとりひとりを大切に思ってくださって思慮深い配慮される学校なので、安心して過ごすことができ、人間の基本というか底力を養われる学校だと思います。 英語について 上の娘はスラスラ上手に話せるようになっていて、今は英語を使って職場で働いています。下の娘も2年後にカナダのムンローアカデミーに行きました。娘は英語系の高校に通っていたのですが、そのおかげもあって英語もペラペラなお友達がたくさんいて、その中でやっぱり自分は結構限界を感じ、もう少し自分を伸ばしたいという願望が強かったため、カナダへ行きました。帰ってきてからは、もう英語に対してなんの不自由もなく、IELTSの成績にも結果が見られました。学校での功績により、現在アメリカの大学へ進学する準備をしているところです。ホームステイ先とのコミュニケーションや環境に対して親としては心配があったのですが、子どもの様子に対して聞きたいと思うときにはいつでも責任者の方とお話しができ、どういう状態であるかを丁寧に教えてくださったので安心できました。 カナダでの生活について 友人関係は、ホームステイ先のお子さんと仲良くしてもらったのはもちろんですが、地域の教会で知り合いになった友達も結構いました。差別や偏見がなく歓迎してもらえたという体験は、子どもたちにおいてはとても貴重だったと思います。ホームステイ先、学校の先生方、教会のお友達などいろんなコミュニティの中で、みなさんからの偏見のない「あなたは大切な存在だよ、本当に良くできているよ」というような対応が、子どもにとって大きな癒しになり、それが本当に子どもが変わる転機になったと思います。子どもたちが帰国してから、娘を知っている人たちに「顔や表情が変わり別人のように明るく、自信あふれるような人になった」と言われるほどでした。