Search Results for: 移民

【動画】速報:カナダ移民局が新しい永住権のパスウェイを発表

https://youtu.be/NcD69J6CxJI 2021年4月14日付でカナダ移民局が新しい永住権へのパスウェイを発表しました。このパスウェイでは、カナダの学校の卒業生への永住権申請条件と医療従事者などの永住権申請条件が緩和されています。こちらの動画では、申請条件などを詳しくご紹介しています。 対象者など詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 0:24 4月14日発表パスウェイの概要1:01 カナダの学校の卒業生向けのパスウェイの申請条件1:48 医療従事者など生活に必要な職業での労働者の永住権申請条件

【移民】ファミリークラスの国外申請手続きを早くするためにスタッフ増員

以下の情報は2021年3月24日時点での情報です。最新情報はお問い合わせください。 新型コロナウイルスの影響で、移民・市民権・難民申請の処理時間が大幅に遅れています。処理の遅れに対処するため、カナダ移民局は62名のフルタイム職員を新たに雇用し、ノバスコシア州ニューウォーターフォードに新しいオフィスを間もなく開設します。 この新規採用と事務所開設により、カナダ移民局は配偶者申請の処理期間を12〜14ヶ月に戻すことを目指しています。 出典はこちら 英語の元記事はこちら

【BCPNP移民】停止されていた飲食等サービス系カテゴリーが復活

以下の全ての情報はBC州のWebサイトより引用されています。 新型コロナウイルスの影響により2020年3月30日付で停止されていた31のBCPNPのサービス系カテゴリーが、2021年2月16日より復活(再度募集開始)となりました。復活したカテゴリーは以下の通りです。 (数字はNOCコード) 0621 – 小売・卸売業の貿易マネージャー0631 – レストランや飲食業のマネージャー0632 – 宿泊サービスマネージャー0651 – 顧客サービスおよび個人サービスのマネージャー, n.e.c.3236 – マッサージセラピスト6211 – 小売業の監督者6311 – 飲食業監督者6313 – 宿泊、旅行、観光および関連サービスの監督者6321 – シェフ6322 – 料理人6341 – ヘアスタイリスト・理容師6421 – 小売販売員6511 – ホテルの給士長・ホスト/ホステス6512 – バーテンダー6513 – 飲食店のウェイトレス6521 – 旅行カウンセラー6522 – パーサーやフライトアテンダント6523 – 航空券・サービス代理店6524 – 陸上・水上輸送のチケットエージェント、貨物サービス担当者および関連する事務員6525 – ホテル・フロント事務員6531 – ツアーと旅行ガイド 6532 – アウトドアスポーツとレクリエーションガイド6533 – カジノの職業6562 – エステティシャン、エレクトロロジストおよび関連職種6564 –

移民などに必要な学歴査定(Educational Credential Assessment)とは

エクスプレスエントリーを介してカナダへの移民を申請しようとしている人は、学歴査定(ECA)として知られているものが必要になるかもしれません。これは、学位、ディプロマ、サーティフィケートまたは他の学歴が有効であり、カナダでの学歴と同等であるかどうかを示す文書です。ECAのは、カナダ移民局(Immigration, Refugees and Citizenship Canada)からの承認を得ている指定された組織または専門機関にて取得する必要があります。 学歴査定(Educational Credential Assessment: ECA)とは 学歴査定ECAは、海外で履修された学位、ディプロマ、およびサーティフィケートを検証し、学歴の有効性を評価し、カナダの類似の学歴と比較することを目的としています。エクスプレスエントリーのプロフィールにECAを提出するのに、この有効かつ同等の学歴が重要です。 ECAはエクスプレスエントリープロフィールに必要な要素であり、さらに、ECAレポートは仕事を探す際に役立ちます。しかし、ECAは特定の分野や特定のレベルでの仕事を保証するものではなく、またカナダの特定の仕事に関連するライセンスに代わるものでもありません。 ECAが必要な人は? ECAはカナダ国外で教育を修了した人に必要です。以下の場合の両方でECAが必要になります:フェデラルスキルドワーカープログラム(エクスプレスエントリー)や、コンプリヘンシブランキングシステム(CRS)のためにカナダの外で受けた教育のポイントを獲得するため。さらに、配偶者や同居人のパートナーが一緒にカナダに来る場合は、ポイントを獲得することができます。 多くの場合、一番上の学歴がECAを必要とするでしょう。例えば、あなたが学士号と修士号の両方を持っている場合は、ECAによって評価された修士号を必要とします。そうは言っても、より多くのポイントを獲得したい場合は、両方の学歴またはそれ以上の評価を受ける必要があります。 ECAの方法は? ECAは、カナダ移民局によって指定された組織または専門機関によって行われる必要があります。この組織または専門機関が選択されると、組織はあなたの資格を評価することができ、書類の提出を通知します。さらに、組織や専門機関は、あなたの教育がカナダで何に等しいかを伝えるレポートを提供します。 ECAができる組織や専門機関には2つのオプションがあります:それは、指定された組織と職業に基づいて指定された組織です。指定された組織には、カナダでは以下のような組織があります: Comparative Education Service – University of Toronto School of Continuing Studies International Credential Assessment Service of Canada World Education Services International Qualifications Assessment Service (IQAS) International Credential Evaluation Service 一方、特定の職業は、その職業に基づいて独自の指定された組織があります。この場合、ECAの次のステップを決定するために、雇用主または専門職の規制機関に確認する必要があります。 最後に、いくつかの職業については、特定の専門機関がECAを完了させなければなりません。以下に、ECAを実施すべき専門機関とともに、これらの職業の両方をご紹介します。 医師 – Medical Council of Canada 薬剤師

移民がしやすくなった?エクスプレスエントリーの点が格段に下がった?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 2021年2月13日に176回目のエクスプレスエントリーの抽選が行われました。今回の点数は過去最低点であり、衝撃が走りました。以下では今回の抽選の詳細に関してご紹介します。エクスプレスエントリーに関しては過去記事をご参照ください: 今回のエクスプレスエントリーの抽選の結果は以下の通りです。 発行された招待の数: 27,332招待された人のランク: 27,332番以上抽選日時: 2021年2月13日 午前11:56:56 協定世界時招待された人の中で最低のCRS点数: 75タイブレーキングルール: 2020年9月12日 午後3:31:40 協定世界時最低点数を保持している人が複数人いる場合は、エクスプレスエントリーエントリーのプロフィールを提出した順(日にちと時間)によります。*この抽選はCanadian Experience Class(カナディアンエクスペリエンスクラス)のみが対象でした。 この点数及び招待の人数は異例であり、多くの人に衝撃を与えました。参考までに、過去のCanadian Experience Classの抽選人数や点数は以下の通りです。 日時 人数 点数 2021年2月13日 27,332 75 2021年1月21日 4626 454 2021年1月7日 4750 461 2020年8月20日 3300 454 2020年7月23日 3343 445 2020年6月25日 3508 431 2020年6月11日 3559 437 2020年5月28日 3515 440 2020年5月14日 3371 447 2020年4月30日 3311 452 2020年4月16日 3782 455 2020年4月9日 3294 464 2020年3月23日

トルドー首相が2021年以降の移民に関しての通達を行いました

以下の全ての情報はカナダ政府のWebサイトより引用されています。 2021年1月15日付のジャスティントルドー首相から移民・難民・市民権大臣(Minister of Immigration, Refugees and Citizenship)宛ての委任状にて通達を行いました。通達の概要は以下となっています: 「(移民・難民・市民権大臣)メンディシノ様 … 移民・難民・市民権大臣として、2019年の委任状に定められた優先事項に加えて、Throne2020のスピーチに定められた以下の公約を優先的に実施し、2020年秋の経済報告書での投資を積み上げてください: 2021-2023年のImmigration Levels Planに掲げられているように、経済成長と回復を促進する目的で、新しく人々をカナダに受け入れます。これには以下を含みます: 経済移民ストリームを通じて、スキルド難民を歓迎するためのパイロットプログラムを拡大する 迅速な家族再会の支援を継続する 部門別・地域別のパイロットプログラムの取り組みを継続する 新型コロナウイルスパンデミックの間、長期療養施設や医療施設で医療を提供したり、その他の必要不可欠なサービスを行ったりした人々のために、永住権への道筋を作るための措置を継続的に実施します。 米国との国境や他のカナダ入国港の安全で責任ある管理を通じて、カナダ人の健康と安全を守るために、公安・緊急事態対策大臣および保健大臣との連携を継続します。 引き続き、一時的な外国人労働者のための永住権と市民権への道の作成に努めます。 雇用・労働力開発・障害者包摂大臣を支援し、新型コロナウイルスに脆弱な労働者を全面的に支援・保護し、農業や食品加工における労働力の不足を埋めるための労働力を確保し続けます。 質の高い移住サービスを支援し、新しいカナダ人の定住と統合を成功させるために、州や準州との協力を継続します。これには、州の管轄権を尊重し、経済開発・公用語大臣の支援による既存の施策を補完しながら、フランス語研修の支援を継続することが含まれます。 (ウクライナ国際航空752便撃墜事件)の犠牲者の命の追悼とその家族の支援、イランからの真実と説明責任の追求、より安全に空を飛ぶためのイニシアチブを通じた将来の災害の防止など、ウクライナ国際航空の悲劇に対するカナダの現在の対応に関する特別顧問の報告書から得られた勧告と教訓を実行するために、運輸大臣と外務大臣を支援します。 敬具Rt. Hon. ジャスティントルドー, P.C., M.P. カナダ首相」 新型コロナウイルスのパンデミック禍ではありますが、カナダへの移民へのサポートを続ける、という発表は、カナダ移民を希望されている方々にとって朗報ですね。移民に関するご質問がある方はお問い合わせください。

2020年はカナダエクスプレスエントリー移民が過去最大でした

移民局のウェブサイトによりますと、2015年1月31日に初めてのエクスプレスエントリーの抽選が行われて以来、2020年のエクスプレスエントリー移民数が過去最大となりました。以下がデータの詳細となります。 抽選の数 2020年エクスプレスエントリー総数:37回(1~2週間に1回ぐらいの頻度;ばらつきがあり、10月は1回のみだったが、4月には6回行われた) そのうち、10回がPNPの抽選;27回がCECやFederal Skilled Tradesなどを含むその他 抽選された人数 1年を通し、合計107,350人が抽選されました。 PNPの合計人数:4,785人 PNP以外の合計人数:102,565人 抽選1回あたりの平均人数(全体):2,901.351人 抽選1回あたりの平均人数(PNP):478.5人 抽選1回あたりの平均人数(PNP以外):3,798.704人 抽選1回あたりの最高人数(全体):5000人 抽選1回あたりの最高人数(PNP):668人 抽選1回あたりの最高人数(PNP以外):5000人 抽選1回あたりの最低人数(全体):118人 抽選1回あたりの最低人数(PNP):118人 抽選1回あたりの最低人数(PNP以外):250人 抽選の点数 全体 平均点数:533.8649 最高点数:808 最低点数:415 PNP 平均点数:729 最高点数:808 最低点数:687 PNP以外 平均点数:461.5926 最高点数:478 最低点数:415 今年以降も移民の数が増えそうですね。以下で関連の記事もご覧ください。

[BC州] バーノン地区のRNIP移民プログラムの申請条件のハードルが下がりました!

以下の全ての情報はバーノン地区のWebサイトより引用されています。 RNIP(Rural and Northern Immigration Pilot/ ルーラルアンドノーザンイミグレーションパイロット)は、各コミュニティーにより運営されている移民プログラムです。こちらの詳細に関しては過去の記事をご覧ください。バーノン地区のRNIPに関してはこちらをご覧ください。 バーノン地区のウェブサイトによると、2020年12月1日付で、コミュニティの申請条件を一部変更するそうです。これは、バーノン地区がさらに多くの移民を受け入れ、コミュニティの経済が活性化することを目的としています。変更内容は以下のものを含みます: 最低賃金は時給23カナダドル(以前は25カナダドル) 免除項目を増加 コミュニティに家族がいる申請者のポイント・コミュニティで働いている/学校に行っている申請者のポイントの変更 年齢に合わせたポイントの変更 コミュニティ条件の詳細は、バーノンのウェブサイト(英語)をご確認ください。

[BC州] 12月1日にIT系技術者と起業家79人をPNP移民で受け入れ!

以下の全ての情報はBC州政府のWebサイトより引用されています。 BC州政府によりますと、2020年12月1日に、BC PNP(BC Provincial Nominee Program/ BC州推薦移民プログラム)がIT系技術者と起業家を移民として受け入れたそうです。 受け入れられたIT技術者は29種の職業にわたり、BC州のウェブサイトで確認可能です。IT技術者は68人が受け入れられ、その際の最低ポイントは80点でした。起業家は11人受け入れられ、その際の最低ポイントは121点でした。 申請方法などについての詳細はエクスプレスエントリー/PNPガイドまたは起業家移民プログラムガイドをご確認ください。

サスカチュワン技術専門学校(Saskatchewan Polytechnic)では、仕事に直結するスキルが学べ、移民に役立つ!

サスカチュワン技術専門学校(Saskatchewan Polytechnic)の紹介 サスカチュワン技術専門大学のモットーは「“Tomorrow in the making” 明日を作る」であり、 その言葉通り、サスカチュワン技術専門大学は、絶えず変化する世界にで学生が活躍するために、応用教育や研究などの革新的な教育方法で知られています。 この学校は、カナダの有名な地域 “Land of the Living Skies(生きている空の土地)”であるサスカチュワン州にあり、州で唯一の技術専門学校です。地元の学生も留学生も、ムースジョー地区、プリンスアルバート地区、レジーナ地区、サスカトゥーン地区にあるキャンパスから選ぶことができます。すべてのキャンパスは、多様な文化を受け入れています。キャンパスには、図書館、食事サービス、フィットネスセンターとジム、ホール、学生寮など、学生の生活をより良くし、バランスの取れた生活を保証するための設備も多く備わっています。 サスカチュワン技術専門大学は今の時代に合わせ、クオリティの高いオンラインプログラムも提供しています。 技術専門学校として、サーティフィケート、大学・大学院レベルの学位やディプロマ、見習い訓練など、様々なプログラムがあり、学生が必要なトレード(実習)スキルを身につけるのに役立ちます。これらのプログラムは、学生が就職で必要なスキルを身につけるために、実際の仕事の内容と似ています。サスカチュワン技術専門学校のコーププログラムでは、学生は教室での学習だけでなく、実際の仕事作業のトレーニングを体験することができます。さらに、サスカチュワン技術専門学校はポリテクニックカナダ(技術専門学校の団体)のメンバーであり、技術専門の業界パートナーと協力して、学習を行うことができます。 最も人気のあるプログラムを例に挙げると、航空、エンジニアリング、健康・医療サービス、天然資源科学、観光業とフードサービス、経営管理があります。 卒業後は移民しやすい? 学校の目標である「学生をしっかりと教育し、卒業生を成功させ、熟練した技術を持たせる」という言葉にあるように、サスカチュワン技術専門学校が学生の人生に影響するのは、学校から卒業することだけではありません。業界パートナーや卒業生とのかかわりを通じて、卒業していく学生をプロの世界へと送ることができます。また、サスカチュワン技術専門学校は、労働力不足となっているサスカチュワン州を手助けする役目も担っています。 サスカチュワン州は、州経済を支えることができる人々を探しているため、留学生が移民するにも有望な州です。サスカチュワン州では、ほとんどの職業分野で多くの求人情報があります。最新の求人情報は、州のローカルジョブマーケットサイト saskjobs.ca(英語)に掲載されています。 留学生がサスカチュワン州に永住することを楽しみにできる理由が多くあります。サスカチュワン州政府は、サスカチュワン移民推薦プログラム(サスカチュワンイミグラントノミニープログラム/SINP)を通じて、カナダ永住権への道を容易にしています。SINPの申請条件は、他のカナダの州の条件よりも比較的低く、申請しやすいです。 サスカチュワンで需要のある人気の職業は、以下のとおりです: 経営管理 医療従事者 観光業とフードサービス まとめ サスカチュワン技術専門学校は、「より良いサスカチュワン州」と「より良い世界」を構築するために、学生を育てています。 「技術専門教育の利点を学生と雇用者に伝えることが私たちのすべてです。そうすることで、学生がそれぞれの目標を実現できるようになり、それによって、学生たちは『より良いサスカチュワン州』や『より良い世界』を作ることができます。」 –  サスカチュワン技術専門学校学長及び創設者 ラリー・ローシア博士 出典: https://www.saskatchewan.ca/residents/moving-to-saskatchewan/immigrating-to-saskatchewan/saskatchewan-immigrant-nominee-program/applicants-international-skilled-workers/occupation-requirements https://www.macleans.ca/schools/saskatchewan-polytechnic/ polytechnicscanada.ca https://www.saskjobs.ca/index.jsp https://www.discovermoosejaw.com/local/sask-poly-plan 英語の元記事はこちら