Search Results for: 学生ビザ

[BC州] 空港での新規学生ビザの待ち時間を短縮するために

BC州リッチモンド学区のニュースレター及びビクトリア大学のウェブサイトによりますと、新規学生ビザ手続き時間を短縮するために、バンクーバー空港が Voluntary Compliance Portal (VC Portal/ 任意承諾ポータル) を導入し始めました。このオンラインポータルは、渡航前に任意で必要情報を提出することにより、空港でビザを受け取るのに待つ時間を短縮できるというものです。尚、この個人情報を受け取るのはCanada Border Service Agency (CBSA/ カナダ国境管理) のみです。こちらのサービスは時間短縮を目的としているだけであり、利用しなくても学生ビザ自体に影響はありません。現在このサービスは学生ビザのみに有効となっています(その他のビザはこのサービスを利用できません)。 サービス利用可能な学生 このサービスを利用することができるのは、以下をすべて満たす場合です: 最初に到着するカナダの空港がYVR(バンクーバー国際空港)である場合;カナダ国内線を利用しバンクーバー空港に到着する場合は当てはまりません カナダ移民局からの学生ビザ許可証を保持している すべての情報を到着の72時間以上前に VC Portal を通して提出しなければならない(72時間以上前であればいつでも問題ない) 必要な情報 提出に必要な情報は以下の通りです。尚、任意以外の項目は記入必須です: 誤った情報を提出してしまった場合は、正しい情報を含めて再度提出をしてください。誤った情報を提出したことに関して、空港や移民局、国境管理に連絡をする必要はありません。

学生ビザ、移民に関する最新情報

現在各種ビザの許可が下りるのにかかる時間 現在各種ビザの許可が下りるまでにかかるおおよその時間を調べるのは、こちらのカナダ移民局のページをご利用ください(英語) 2020年10月28日発表の留学生渡航制限アップデート 2020年10月28日付でカナダ移民局のウェブサイトが更新され、留学生の渡航制限が変更されました。移民局ウェブサイトの日本語訳は以下をご覧ください!(詳細や最新情報はカナダ移民局のページを確認するかお問い合わせください。) 留学生への渡航制限学校の中には留学生を受け入れる学校があります COVID19 readiness plan(コロナ対策計画)が州や準州より許可されている学校は、現在カナダ国外にいる留学生を受け入れることができます。 コロナ対策計画が許可されている学校はこちらでご確認ください(リンクの下部に学校の種類:小中高かポストセカンダリーか、と州を選択できるドロップダウンがあるのでそこを見ると確認できます)。 2020年10月20日以降にカナダに渡航予定の留学生は以下の両方を満たす必要があります: カナダに渡航前に、行く予定の学校が上記の許可されている学校のリストに含まれている 有効な学生ビザか学生ビザの許可証を保持している上記は、アメリカを含むすべての国からの留学生に適応されます。 上記の変更はすでにカナダにいる学生ビザ保持者には適応されません。 すでにカナダにいる場合、どのDLI(DLI番号のある学校)で履修を継続することも可能です。カナダ国外に出た場合、通っている学校が滞在している州や準州によって許可されている学校でない場合、カナダに戻ってこれない可能性があります。 詳細はこちら 留学生としてカナダに入国するには、以下の2つの条件を満たす必要があります: 有効な学生ビザ、または学生ビザの許可を証明する許可証を保持している COVID-19 readiness plan(コロナ対策計画)が州や準州から許可されている学校で履修する 全ての必須書類を保持しており、かつ、学校が許可された学校のリストに載っている場合のみ、留学生の渡航は必須(任意でない)と認められます。 留学生として、以下の場合は、渡航が必須(任意でない)と認められません: 学校のプログラムがキャンセル、または延期となった場合、または、 就学以外の目的でカナダに入国する場合 ArriveCAN 2020年11月21日付で、空港のチェックインや国境超える前に、ArriveCANを利用し以下の書類を提出する必要があります: 渡航・連絡先の情報 自己隔離予定 新型コロナウイルス症状個人診断 到着の際に国境管理オフィサーに見せるために、ArriveCANのレシート(電子コピーか書類)を保持していてください。 カナダに渡航するとき 学校が、州や準州によって許可されている学校のリストに載っていることを確認してください。 空港でのサービスオフィサーが話しかける際に、様々な点を確認し、それらには以下のものが含まれます: カナダに渡航する理由 最終目的地に到着してすぐに14日間の自己隔離を行うことができるということ 以下のどちらかを満たす: 対面で授業に参加する前に14日間の自己隔離を終了することができる 自己隔離中にオンラインで履修できる 以下のものが必須です: 有効な学生ビザまたは学生ビザに許可されたことを証明する許可証 州や準州から許可されている学校からの有効な修学許可証 自分自身とカナダに一緒に渡航する家族を金銭的にサポートすることができるという証明 詳細に関しては、渡航前に、国境情報サービスに連絡をすることも可能です。 カナダに入国できるかどうかの最終決定は、カナダに到着した際に空港のサービスオフィサーが下します。 3月に渡航制限が発表されて以来、少しずつ留学生が渡航しやすくなってきたと感じています。上記の情報は10月28日時点の情報なので、最新情報に関しては、カナダ移民局のページを確認するかお問い合わせください。   更に詳しい情報は、こちらをご覧ください カナダ政府サイト 関連記事

学生ビザの延長の仕方は?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 カナダにもっと滞在したいが、留学をやめた/終了した場合 以下のオプションがあります: 就労ビザに申請する – 就学を終了しポストグラデュエート就労ビザ申請条件を満たしている場合 ステータスを変更し、カナダでビジターとして滞在する、または、 カナダから出国する。 費用 学生ビザ(延長も含む):150カナダドル ステータスの復元:350カナダドル 申請にかかる時間 こちらでご確認ください 学生ビザの延長をいつするべきか 学生ビザに記載されている有効期限は、いつ就学をやめなければならないかを表します。この日にちは以下のどれかに当てはまるでしょう: 履修プログラムの期間プラス90日 前もって取らなければならない科目の期間プラス90日(条件付き入学をしている場合)、または、 就学を終了する前にパスポートの有効期限が切れる場合は、パスポートの有効期限から30日マイナス 追加の90日は、カナダを出国する準備をしたり、カナダでのステータスを延長するための申請をしたりする時間のためにあります。 有効期限が切れる30日前までに、学生ビザを延長する必要があります。有効期限はビザの右上に記載されています。パスポートに記載されている有効期限を超えて学生ビザを延長することはできません。 ビザの有効期限が切れる前に申請すれば、ビザが下りるまで現在の学生ビザと同じ条件でカナダに滞在することができます。 カナダ国外への旅行を計画していて、旅行中に学生ビザの有効期限が切れてしまう場合は、学生ビザの延長を申請する必要があります。 学生ビザの有効期限が切れていて、延長申請をしていない場合は、カナダを出国しなければなりません。 予定よりも早く就学を終わらせる場合 あなたの学生ビザの有効期限は、ビザの有効期限にかかわらず、あなたが就学を完了した日から90日後に失効します。90日は、以下の日にちよりスタートし、数えられます: プログラムを完了したことを学校から最初に通知された日(メール、手紙、成績証明書など)、または、 ディグリー、ディプロマ、サーティフィケートを取得した時。 学校から最初に通知を受けた日付を証明できない場合は、書類に記載されている最も早い発行日を利用し数えられます。カナダ移民局は、この日付を学校に確認する場合があります。 就学を続けたい場合は、ビザの有効期限が切れる30日前までに延長申請をしなければなりません。 就学を終了するのが予定よりも遅くなってしまった場合 学生ビザの有効期限の30日前までに延長申請をしなければなりません。 学生ビザが切れてしまった場合の対処法 まだカナダに滞在しているが以下のどれかに当てはまる場合は、ステータスを失っている状態です: 以下のどれかに申請する前に学生ビザの期限が切れてしまっている場合: 新しい学生ビザ、 就労ビザ、または、 ビジターとしてカナダに滞在する 学生ビザの条件を満たしていなかった場合 場合によっては、学生としてのステータスの復元に申請することができます。申請には以下の条件を満たす必要があります: ステータスを失ってから90日以内に申請する 滞在条件を満たしている ビザに明記されている条件をすべて満たしている、さらに、 費用を支払う 復元費(200カナダドル)及び、 学生ビザ(150カナダドル) 申請方法 カナダ国内からオンラインでの申請 多くの場合、カナダ国内で新規学生ビザや延長を申請する場合はオンラインで申請する必要があります。オンラインで申請を行うと、移民局が申請書類をすぐに受け取ることができ、申請の手続きを早く行うことができます。書類上ですでに申請してしまった場合でも、オンラインで再度、申請書類の提出を行う必要はありません。 学生ビザの延長申請を行う前に、行く予定の学校がDLIナンバーのある学校のリストに含まれていることを確認してください。 学校がDLIのリストから無くなってしまった場合でも、現在の学生ビザが切れるまでは、それを使い続けることはできます。延長申請を行う際に、DLIナンバーのある学校に入学している必要があります。 ビジタービザが切れているが、カナダから出国しその後戻ってきたい場合、新しいビジタービザに申請をする必要があります(ビジターレコードとは異なります)。 申請にかかる時間 申請にかかる時間は、カナダ移民局が書類を受け取ってから、ビザが下りるまでにどれぐらいの時間がかかるかの平均です。申請にかかる時間の詳細はこちらをご覧ください。 学生ビザの延長申請方法 多くの場合、オンラインにて学生ビザの延長申請を行う必要があります。

学生ビザの取得方法

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 目次 書類を準備してください 学生ビザに申請する前に以下の書類が必要です: Designated learning institution (DLI番号のある教育機関) からの入学許可証 有効なパスポート 学生及びその家族(家族も渡航する場合)を金銭的にサポートできることを証明するもの 学生ビザを申請するのにどの書類が必要かの詳細はこちらのリンクをご覧ください バイオメトリクス認証の提出が必要です *この記事は2019年4月12日時点での記事です。 多くの場合、申請後に、指紋や顔写真(バイオメトリクス認証)の提出が必要です。どのタイミングでバイオメトリクスの提出をすべきかに関してはリンクをご覧ください。 すでにカナダに滞在しており、バイオメトリクス認証のために国外に出なければいけない場合 すでにカナダ国内に滞在しており、国内から新規学生ビザや就労ビザに申請し、そしてバイオメトリクス認証の手続き方法を移民局より受け取った場合、バイオメトリクス認証を行うためにカナダ国外に出る必要がある場合もあります。 バイオメトリクス認証のためにアメリカに渡航はしないでください。アプリケーションサポートセンターに行くには、すでにアメリカ国内または国外のアメリカの領土に合法的に滞在している必要があります。 その代わりに、あなたが渡航できる国(母国など)のビザアプリケーションセンター(VAC)にてバイオメトリクス認証を行うことは可能です。 申請方法 通常、学生ビザの申請は、カナダに渡航する前に行う必要があります。カナダ国内で学生ビザの申請を行うこともできなくはないです。カナダの国境で申請することも可能ではあります。あなたはどの方法で申請することができるか、事前に確認してください。 カナダ国外で申請 カナダ国内で申請 カナダの国境で申請 国外で学生ビザの申請 中国、インド、フィリピンやベトナム在住ですか?その場合は、Student Direct Streamを利用すると、早く学生ビザを受け取れるかもしれません。 注意:電子渡航認証(eTA)やビザが必要な場合、学生ビザと同時に移民局が発行します。別々に申請し、費用を払う必要はありません。 オンラインでの申請 オンラインで申請することで、時間を短縮し、アップデートを受け取れるようにしましょう! 郵送費の必要がなく、配達されるのを待つ必要がありません – オンライン上で移民局が直接書類を受け取ることができます オンライン申請のほうがスムーズに手続きされます 申請の遅れを避けることができます。書類に不備のある場合は返送されます。オンラインの場合は申請書類がそろっているかを申請前に確認することができます。 移民局より追加の書類のお願いをされる場合も、すぐにオンラインで提出することができます 移民局からお願いされるまで、パスポートの提出は不要です。 オンラインのアカウント上で、申請の状況を確認することができます。 申請を始める準備はできていますか? オンラインで申請するには、スキャナーやカメラで書類の電子コピーを作成し、クレジットやデビットカードでの支払いが必要です。 学生ビザを申請する 郵送で申請する 申請書パッケージには、手順ガイドや必要な書類が全て含まれています。手順ガイドを読み、郵送で申請するのに必要な情報を理解しましょう。 申請書パッケージのダウンロードはこちら カナダ国内で学生ビザに申請する カナダ国内での学生ビザの申請は以下の場合可能です: 小・中・高校に通う未成年 交換・体験留学生 DLI番号のある学校の入学条件を満たすために行っていた短期コースやプログラムを完了している学生 一時的な滞在許可証(TRP)が最短6か月以上出されている人、またはその家族 移民をするのにサポートされている配偶者やコモンロー(さらにその家族)であり、: カナダに滞在しており、さらに 永住権にすでに申請している(申請可能な場合) カナダに渡航する前に国外のビザオフィスにて発行された学生ビザを保有しており、その後も学生でいたい人

学生ビザの準備をしましょう

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 カナダ留学の準備 1. 学校やプログラムを選択 カナダでは、州や準州がそれぞれの教育システムを管轄しています。 学校や教育システムに関しての情報を以下でご確認ください: EduCanada – カナダの教育やプログラム検索、費用などに関する留学生向けの情報 教育を担当する省庁・部局 – 各州・地域の教育制度に関する情報 小中高校 12年生(高校3年生)までの学校は、プライマリースクールとセカンダリースクールとして知られています。プライマリーとは通常、1年生から8年生(小学1年生から中学2年生)までを意味し、セカンダリーとは通常、9年生から12年生(中学3年生から高校3年生)までを意味します。 カナダのすべての小中高校は留学生を受け入れることができます。 未成年がカナダで就学するのには特別な条件があります。 ポストセカンダリー ポストセカンダリーには以下の学校を含みます: カレッジ 大学 私立キャリアカレッジ 職業訓練、技術系専門学校 ポストセカンダリーには、入学するために必要な英語やフランス語のレベルなど、出願方法について独自のルールがあります。 ポストセカンダリーに関しての情報は以下をご確認ください: Universities Canada – カナダの大学のプロフィールや壮大なプログラムのデータベースを利用し、大学の予定を立てることができます Colleges and Institutes Canada – カレッジや教育機関のプロフィール Canadian Information Centre for International Credentials – 過去の教育をカナダの基準で判断するための情報 National Association of Career Colleges – 専門学校について調べる 語学学校 カナダの多くの学校では、第二言語として英語やフランス語を教えています。私立の語学プログラムの詳細については、Languages Canadaにお問い合わせください。 フランス語を勉強する カナダ全土でフランス語を勉強する方法があります。 French-language

学生ビザとは?

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 学生ビザとは? 学生ビザは、外国籍の人がDLI番号を保有している教育機関で学習することを許可するための書類です。殆どの外国籍の人々はカナダで学校に通うのに学生ビザが必要です。申請を行う前に全ての書類がそろっていることを確認してください。カナダに渡航する前に申請する必要があります。 注意:学生ビザはビザではありません。学生ビザ自体はカナダへの渡航を許可しません。場合によっては、短期滞在ビザや電子渡航許可証(eTA)が必要となります。その場合は、学生ビザと同時に申請が許可されます。 費用 学生ビザ: 150カナダドル 許可が下りるまでにかかる時間 国により異なる 許可が下りるまでにかかる時間を確認する 申請の際にバイオメトリクス認証を提出する必要があるかもしれません。上記のかかる時間には、バイオメトリクス認証を提出するのに必要な時間は含まれていません。 中国やインド、フィリピンやベトナムに在住していますか?スチューデントダイレクトストリームを利用すると学生ビザが早く届くかもしれません。 学生ビザではカナダにどれぐらい滞在することができますか? 学生ビザは通常、履修プログラムと同じ期間か最大その期間プラス90日です。この追加期間中にカナダから去るか、滞在するための延長申請を行うことができます。 もし、学生ビザの期限までに学校のプログラムを修了できない場合は、学生ビザの延長申請を行う必要があります。 もし、学校のプログラムを予定より早く修了した場合、滞在可能期間はプログラムの終了日より90日間です(たとえ学生ビザ上に書かれている期限と異なってもです)。プログラムの終了日以下のどちらかとなります: 学校から通知をもらった最初の日(例:Eメール、レター、トランスクリプトなど)または 学位(ディグリー、ディプロマ、サーティフィケートなど)を受け取ったとき。これらを受け取った日にちの証明を提出する必要があります。注意:もし学校から通知してもらった最初の日の証明ができない場合、カナダ移民局は書類上の一番早い発行日を利用します。カナダ移民局はこの日にちを学校に確認するかもしれません。 もし学校があなたに、メインプログラムに入る前にいくつかクラスを取ることを求めている場合(条件付き入学)、カナダ移民局はそのクラスの期間の学生ビザの許可しか出しません。メインプログラムへの入学許可をもらった際に、カナダ国内で学生ビザの延長申請を行うことができます。 留学中に一時帰国することは可能ですか? 定期休暇期間(例:夏休み、冬休み、春休みなど)にカナダ国外に出ることを計画している場合、カナダに戻ってくる際に、学校に在籍していることを証明するものが必要となるかもしれません。もし、 (ビザ)渡航用の査証でカナダに滞在している場合は、その査証の期限が切れていないかを確認してください。 電子渡航許可証(eTA)でカナダに滞在しており、空路でカナダ国外へ出て戻ってくる場合、その許可証の期限が切れていないことを確認してください。 編集日:2019-03-11  IRCC Immigration, Refugees and Citizenship Canada 英語の元記事はこちら

財政/金融学(Finance)の分野でカナダで働くために取るべきプログラム

金融(Finance)プログラムは、カナダの大学、特にブリティッシュコロンビア州のカレッジで人気のあるプログラムです。カレッジでは、より個人化された学習体験を提供しています。少人数制のクラスにより教授と身近に話せることは、経験的な学習機会につながります。金融の分野では、実務経験は大きな意味を持ちます。そのため、BC州で金融を勉強することを検討している場合は、以下のプログラムを見てみてください。以下の学校は、卒業後に多くの雇用機会を留学生に提供しています。 カレッジオブロッキーズ – 会計学 プログラム概要 カレッジオブロッキーズは、会計学に完全に焦点を当てたディプロマまたはサーティフィケート(学生はどちらかを選択することができます)のプログラムを提供しています。このプログラムは、パートタイムまたはフルタイムの両方のプログラムとして受講可能であり、さらにオンラインまたは対面で履修することができます。オンラインオプションは、カナダに渡航する準備ができていない留学生、または、大学在学中にに大きな都市に住むことを好む学生のための素晴らしい選択肢となることができます。 会計学は、多くのビジネスオペレーションのバックボーンであり、主に予算、利益と損失、および現在から将来への一般的な財務計画に関係しています。さらに、カレッジオブロッキーズは、特に持続可能性に焦点を当てています。財務計画に関連する持続可能性に関しては、サーティフィケート/ディプロマプログラムに組み込まれます。 カレッジオブロッキーズの会計学プログラムの利点 カレッジオブロッキーズの会計学プログラムは、ほかの学校の会計学プログラムよりも優れている点があります。以前に述べたように、このプログラムは完全にオンラインで履修完了することができます。これにより、学生は必要な場所や希望する場所で生活し、プログラムを完了することができます。さらに、パートタイムでもプログラムを完了させることができます。ここでの利点は、学生が同時に仕事をして、勉強しながらお金を稼ぐことができるということです。授業に出席しながら週に数時間働き、カナダでの仕事経験を積みたいと考えている留学生にとっての利点です。また、少人数制のクラスで授業を行い、より個人に合った学習体験と教師への質問のしやすさを提供しています。そして最後に、会計ディプロマを修了し、経営学学士(BBA)に入学する学生には、CPAプログラム(就労・学生ビザを持つ留学生が受講可能)に入学する資格があります。 採用情報 会計ディプロマとBBAの卒業生のために、可能性のあるキャリアは、財務会計士です。カナダ政府によると、ここカナダでは、労働需要と供給は、2019年から2028年の期間にわたってバランスが取れていると予想され、実際には、新規求人は79600人である中、求職者は79500人であることが予想されています。カナダ政府によると、ニューブランズウィック州、ノースウェスト準州、ノバスコシア州、ヌナブト州の見通しが最も良く、アルバータ州、ブリティッシュコロンビア州、マニトバ州、ニューファンドランド&ラブラドール州、オンタリオ州、ユーコン州、ケベック州、サスカチュワン州、プリンスエドワード島の順となっています。カナダの会計士は、カナダ政府によると、平均33.65カナダドルの時給であるそうです。 ダグラスカレッジ – 金融サービス プログラム概要 ダグラスカレッジの金融サービスの専門は、ビジネス管理(BBA)プログラム学士号という4年制の学位プログラムです。このBBAは、フルタイムとパートタイムの両方のプログラムとして利用可能です。プログラムの学生に履修可能なコースは、いくつかの例として、ビジネス数学、入門マーケティング、および個人的な販売が含まれています。利点は、BBAには、仕事の経験の500時間で構成されているキャップストーンコースが含まれています。 このプログラムの学生は、ウェルスプランニングと証券の知識を持って卒業します。認定ファイナンシャルプランナー(CFP)になるための更なる訓練を入力したり、カナダの証券(CSC)のコースを取るために完全に準備ができています。 ダグラスカレッジ金融サービスBBAの利点 BUSN 4500は金融サービスBBAの主要な利点の一つであるキャップストーンコースです。これは、スーパーバイザーによって監督された500時間の作業で構成されるコースです。仕事の経験、プロ品質のポートフォリオ、プレゼンテーション、および標準化されたビジネスコンピテンシー試験の500時間となっています。これらの要素のすべてが、卒業後の生活準備をしたり、すぐに自分の分野での仕事を見つけるのに役立ちます。 ポートフォリオは、学生が自分の職場での経験を適用するのに役立ちます。これらは、以下のコンピテンシーが含まれています。 クライアントサービス異文化間のチームワークと対人スキル文章によるコミュニケーションオーラルコミュニケーション財務分析・技術問題解決と意思決定倫理とリーダーシップ継続的な専門的な開発 これらのコンピテンシーの反映はポートフォリオに必要なだけでなく、将来のキャリア環境でのスキルや知識の開発を評価するために、後のキャリアでさらに役立つでしょう。 採用情報 金融サービスBBAの卒業生は、ファイナンシャルプランナーとしてのキャリアのための資格を得ることができるでしょう。カナダの2019年から2028年の期間におけるファイナンシャルプランナーの採用状況は、概ねバランスが取れていると予想されており、新規求職者はカナダ政府によると60700人と予想される一方で、新規求人は63900人と予想されています。カナダ政府によると、ブリティッシュコロンビア州、マニトバ州、オンタリオ州、ノバスコシア州、ケベック州、サスカチュワン州が最も見通しが良く、次いでアルバータ州、ニューブランズウィック州、ノースウェスト準州、プリンスエドワード島が続くとのことです。さらに、カナダ政府によると、カナダのファイナンシャルプランナーの平均時給は31.79カナダドルです。 留学生体験談 – マティアス・ストッカー、成功したシニアアソシエイト ダグラスカレッジファイナンシャルサービスの卒業生であるマティアス・ストッカーは、ドイツ出身であり、ダグラスカレッジや前の仕事、今の仕事で素晴らしい経験をしてきました。 マティアス・ストッカーは以前、カナディアンウエスタン銀行で4ヶ月間、Co-opやキャップストーンの仕事を経験しました。この経験と彼の学歴が合わさって、バンクーバーでの素晴らしい仕事に就くことができました。これらの仕事の一つは、ドミニオン証券部のRBCのコールセンターでの仕事でした。彼は3ヶ月間ここに留まり、前職のカナディアンウエスタン銀行に戻る前に、マネジメントアソシエイト、コマーシャルアカウントマネージャー、シニアアカウントマネージャー、リレーションシップマネージャーなど、様々な役割を担っていました。4年以上の経験を経て、現在はロイナットキャピタルのシニアアソシエイトとして活躍しています。なんという素晴らしい旅でしょうか。 出典:DouglasCollegeVideo. (2015). Mathias Stoecker: Business degree grad lands job as a credit analyst. Retrieved from https://www.youtube.com/watch?v=lkQSVl-DE-A&feature=emb_logo オカナガンカレッジ – 金融専門 プログラム概要 オカナガンカレッジは、経営学学士号BBAのための専門としてファイナンスの専門プログラムを提供しています。このBBAは、バーノン、ケロウナ、ペンティクトン、サーモンアームキャンパスでもリモートで履修可能です。さらに、学生はパートタイムまたはフルタイムベースでプログラムを完了することができます。 ファイナンスの経営学の学士号を取る学生は、個人金融、投資管理だけでなく、企業金融を含む金融の3つの異なる分野について学習します。例えば、含まれているコースの例には、退職所得計画、資本市場、課税と投資計画だけでなく、応用コーポレートファイナンスが含まれます。さらに、学生はBBA内のオーナーズ学位を追求することもできます。 オカナガンカレッジファイナンス専門BBAの利点 オカナガンカレッジの金融に特化したBBAには利点があります。主要な利点には、オーナーズ学位を追求する機会であり、これはBBAプログラムの認定の最高レベルです。オーナーズ学位は、学生が学部の学位プログラム中に自分の研究を行うことができます。この学位はオーナーズの証書を受け取ることができ、研究のスキルや能力が、他のBBAの卒業生よりも優れていることを雇用者へ伝える一つの手段となります。もう一つの利点は、フルタイムとは対照的に、パートタイムの研究を追求する機会であり、これは学生がパートタイムで働いてお金だけでなく、同様にカナダの仕事の経験を得ることができます。 採用情報

Home

Play Play Play Play Play Play Previous Next 学校検索 自分にあった学校を探してみませんか? 学校検索へ 学校面談 ※調整中ですので「お問い合わせ」よりお願いします。 お問い合わせページ 最新情報​​ VIEW MORE コロナウィルス新規感染者数 2,887 名 カナダ政府更新日:2021/2/22(ET) 55,419 名 CDC更新日:2021/2/23(ET) 詳細はこちら 学生ビザ、移民に関する最新情報 【朗報】新型コロナ対策として、ポスグラ就労ビザPGWPが延長可能かもしれません 更新日:2020/2/1(PT) 詳細はこちら 人気の記事 CISMとは カナダ留学情報誌CISMはCanada International Student Magazineの日本語版です。より多くの情報が必要な場合は英語版もご覧ください。 英語版はこちら COMING UP 新しいコンテンツが追加される予定です!それまでお待ちください COMING UP 新しいコンテンツが追加される予定です!それまでお待ちください おすすめの記事 CISMチャンネル VIEW MORE スペシャルインタビュー カナダのリッチモンド学区の留学生プログラム・ディレクターにインタビュー!ディレクターは日本語も話せる!?(ショートバージョン・英語・日本語字幕) posted on August 31, 2020 カナダ・ブリティッシュコロンビア州にある、リッチモンド学区の留学生プログラムディレクターのShaunさんにインタビューしました!学区内の中学・高校ではどのようなクラブ活動があるのか、新型コロナの影響に伴い学区内ではどのに対処しているのか、また日本人留学生にはどのようなサポートがあるのか等、色々なお話をしてもらいました。さらに、日本語が得意なShaunさんから、日本語でのメッセージも頂いています! 学校検索

カナダがイギリスからのフライトを停止しました

以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。 カナダ移民局の2020年12月20日の発表によりますと、20日より72時間以内のカナダ・イギリス間のフライトをすべて停止するそうです。これには一般のフライトや私用のフライトまですべてを含みます。 カナダ・イギリス間のフライトの停止の理由は、イギリスにて新型コロナウイルスの変異ウイルスが確認され、感染が拡大しているから、と発表されています。 日本・カナダ間のフライト及び渡航情報に関しては、学生ビザ、移民に関する最新情報のページをご覧ください。

Home-v1

Previous Next 最新情報​ VIEW MORE コロナウィルスに関する 最新情報 新規感染者数 8,153 名 カナダ政府更新日:2021/1/6(ET) 227,692 名 CDC更新日:2021/1/6(ET) 詳細はこちら 学生ビザ、 移民に関する最新情報 【朗報】12月に申請した学生のビザがおりました。(ただ、審査期間はケースバイケースとなります。) 更新日:2020/12/12 (日本時間) 詳細はこちら 人気の記事 おすすめの記事 CISMチャンネル VIEW MORE スペシャルインタビュー カナダのリッチモンド学区の留学生プログラム・ディレクターにインタビュー!ディレクターは日本語も話せる!?(ショートバージョン・英語・日本語字幕) posted on August 31, 2020 カナダ・ブリティッシュコロンビア州にある、リッチモンド学区の留学生プログラムディレクターのShaunさんにインタビューしました!学区内の中学・高校ではどのようなクラブ活動があるのか、新型コロナの影響に伴い学区内ではどのに対処しているのか、また日本人留学生にはどのようなサポートがあるのか等、色々なお話をしてもらいました。さらに、日本語が得意なShaunさんから、日本語でのメッセージも頂いています! 学校検索 州 : Select…アボッツフォードアルバータカルガリーキャンモアケロウナコートニーコキットラムストラスモアすべての州ダンカンデルタネルソンバーナビービクトリアブリティッシュコロンビア 都市 : Select…アボッツフォードカルガリーキャンモアケロウナコートニーコキットラムストラスモアダンカンデルタネルソンバーナビービクトリア 学校種別 : カレッジ すべてのポストセカンダリー ユニバーシティ 小中高(公立) 学校プログラム : ESL UT(大学編入) アップグレード(社会人学校) エンジニア すべてのプログラム スポーツ