パフォーマンス/ダンス(dance)専攻とは?カナダで働くなら?

パフォーマンスをしたり、ダンスをするのが好きな方へのプログラムもカナダで履修することができます。どのようなことを学習し、どのようなキャリアオプションがあるのでしょうか?

入学条件

入学条件は、学校やプログラムにより異なります。プログラムによってはポートフォリオの提出や実技試験を行う場合があるので、各学校の入学条件を確認する必要があります。

学習内容

  • コンテンポラリーダンス
  • コンポジション
  • 振り付け
  • パフォーマンス
  • フレームワーク
  • メイキング
  • ボディコンディショニング
  • ムーブメントの美学
  • ダンスの歴史
  • 文化的ダンス
  • 現代美術テクノロジー
  • 空間認識   …など

得ることのできるスキル

ダンス専攻では、人間が行える表現の可能性について、より深い理解を深めます。美術史などや新しいテクノロジーなどを含むダンスを理解することで、ダンスの可能性を広げることもできます。最終的に、パフォーマーや振付家、研究者などとして、創作を行うこともできます。

キャリアオプション

  • ダンサー
  • ダンス教師
  • 舞台芸術家
  • 振付師
  • 保育士・教員
  • 特別支援教員
  • セラピスト
  • カイロプラクター
  • イベント主催者
  • コミュニティのスタッフ     …など

まとめ

将来、パーフォーマンスを行ったりしたい方にはお勧めの専攻ですね。ダンスやパフォーマンスなどの学科はすべての学校にあるわけではないので、各学校での確認が必要です。

パフォーマンスやダンスプログラムがある学校に関しては、学校検索のSearchで「dance」や「perform」と検索してください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

パフォーマンス/ダンス(dance)専攻とは?カナダで働くなら?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください