看護学(Nursing)をカナダで学び、カナダで働く

看護学は人気のある学問です。近年の情勢の影響もあり、看護の需要は高まっているため、今後も人気が高まっていくでしょう。学校により異なりますが、留学生もカナダで看護を学習することができ、卒業後に看護師として働くことができます。

入学条件

入学条件は、学校やプログラムにより大幅に異なります。場合によっては、留学生を受け入れていない看護プログラムもあるので確認が必要です。また入学時の条件として、高い英語力や、理系知識等が問われる場合もあります。

学習内容

プログラムにより異なりますが、以下が例となります:

  • 臨床技能
  • コミュニケーション/ケア
  • 健康増進
  • 看護治療
  • 介護
  • 世界における健康
  • 看護の歴史
  • 精神衛生
  • 家族/出産
  • 緩和的アプローチ    …など

得ることのできるスキル

看護の分野のあらゆる知識に加え、人とどのようにかかわるかに関しても学習し、スキルとして身に着けることができます。患者(クライアント)を中心とし、それぞれの人々の背景や文化などを考慮したコミュニケーションのスキルを得ることができ、また、他の医療従事者とコミュニケーションを取るスキルをなども身に着けることができます。

キャリアオプション

看護系の学校を卒業後に各州での登録等が必要になります。また、他の分野を合わせて学習することにより、様々なキャリアに挑戦することが可能です。

  • 登録看護師(Registered Nurse)
  • ライセンス看護師(Licensed Nurse)
  • 介護士
  • 医師
  • 精神科医
  • 健康管理
  • 東洋医学/針治療    …など

まとめ

看護は今も昔も非常に需要がある分野です。全部の大学に看護学部があるわけではないので、興味のある方は看護学を提供してる学校を調べる必要があります。

看護学がある学校に関しては、学校検索のSearchで「nursing」と検索してください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

看護学(Nursing)をカナダで学び、カナダで働く

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください