カナダに新しい祝日ができた?9月30日は何の日?

カナダには、indigenous peopleと呼ばれる先住民の方々がいらっしゃいます。最近日本でもニュースになっていましたが、過去にはその先住民の方を強制収容所に入れさせた悲しい歴史があります。現在、国や州の政府はそれらを過ちと認め、問題と向き合おうとしています。

今回新しくできた祝日にも、この歴史が関連しています。今回新しくできた祝日は「National Day for Truth and Reconciliation(真実と和解のための日)」と呼ばれており、この度9月30日が国の祝日であるという法案が可決されました。

この祝日は各州によって対応が異なり、また学校や仕事があるかどうかに関しても、それぞれ対応が異なります。カナダにいらっしゃる留学生の皆さんは、各学校がどのように対応しているかの確認を行う必要があります。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

カナダに新しい祝日ができた?9月30日は何の日?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください