心理学専攻(Psychology)って何を勉強するの?将来就ける仕事は?

心理学(Psychology)は、人間の行動・思考・感情の理解を構築する学問であり、人間の生活のほぼすべての側面に関係しています。自分や他人の行動に対する洞察を深めることができ、問題を解決する上でも重要な役割を果たします。心理学は脳科学や行動学などとも深く関連しており、様々な学位や資格につながる場合があります。

入学条件

基本的な入学条件は教育機関によって異なります。多くの大学やカレッジでは、Arts Degree(文系学科)の分野に属していることが多く、学校によっては入学時または入学後に専攻として心理学を専攻することとなります。大学院の心理学科の場合、学士号で心理学に関連する学習を完了していることが条件になっている場合が多いです。英語条件なども学校によって異なります。

学習内容

例)
• 行動神経科学:脳や神経がどのように行動につながっているか
• 認知科学:知的システムの性質
• 臨床心理学:精神障害や心身症の研究
• 法心理学:司法制度を踏まえたうえでの心理学
• 健康心理学:心や体の健康に向けて
• 発達心理学:精神発達の研究
• 計量心理学:心理を科学的に研究
• 社会心理学:社会活動と心理学の関係    など

心理学では、座学として教室で学習するクラスももちろんありますが、labと呼ばれる実験(実技)も多くあります。
得ることのできるスキル
心理学における中心的な問題などやデータを収集するために使用される方法などについての知識を習得します。論文やプレゼンなどでの発表を通して、心理学に関する十分な能力を身につけます。心理学の課題を精査し,批判的に分析することで,経験力,分析力,推論力を高め,高い問題認識力と問題解決力を身につけます。最も重要なことは、心理学の中心的な問題に対する様々な視点に触れることで、個人的、社会的、文化的に豊かな生活を送ることができるようになります。

キャリアオプション

• ソーシャルワーカー
• 先生
• 精神治療のテクニシャン
• 保護観察官
• キャリアカウンセラー    など
心理学のキャリアオプションの詳細は過去記事をご覧ください。

まとめ

人間の思考や行動に興味がある学生にとって、心理学は非常に興味深い学科となるでしょう。心理学は、その他の学科とのつながりも多くあり、脳科学などの理系学科のコースなども履修できるかもしれません。多くの大学やカレッジで心理学のプログラムやコースが提供されているので、興味のある方は試しに数コース履修してみるのもありかもしれませんね。

出典:

心理学がある学校に関しては、学校検索のSearchで「psychology」と検索してください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

心理学専攻(Psychology)って何を勉強するの?将来就ける仕事は?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください