カナダにハリケーンってくるの?

日本の外務省から北米及び中南米在住者向けに、ハリケーンへの注意喚起が届けられました。カナダにもハリケーンって来るのでしょうか?

ハリケーンとは?

外務省のウェブサイトには以下のようにハリケーンの説明がされています。

「北米(太平洋・大西洋沿岸地域及び南部地域)及び中南米(カリブ海沿岸地域)においては、例年6月から11月頃までがハリケーン・シーズンとなっています。ハリケーンの勢力や進路によっては、暴風、高潮、洪水、土砂崩れ等による人的・物的被害が発生するほか、停電、断水、交通機関の混乱といった生活インフラの障害が発生し、復旧に長い期間を要することがあります。」

ちなみに、台風との違いに関しては、発生地点の違いなどがあるそうです。(参照

カナダにもハリケーン?

アメリカおよび中米での被害が多く聞かれるハリケーンですが、カナダにもハリケーンが来ることはあります。カナダ赤十字のウェブサイトによりますと、大西洋に近い地域が一番ハリケーンの被害を受けやすいそうです。そのため、大西洋近辺の州のウェブサイトにはハリケーンの情報も掲示されています:

ここ数年のカナダに来たハリケーンには以下のハリケーンなどがあります:

東部地域への被害が多いですが、もちろん西部へ来ることもゼロではなく、2011年にはタイフーンローク(平成23年台風第15号)がブリティッシュコロンビア州に豪雨をもたらしています。

 

6月に入り、ハリケーンシーズンとなりました。特に東部の方は、天気予報等に気を付けてくださいね。外務省のウェブページカナダ赤十字のウェブページには対策方法等が書かれているので、そちらもご覧ください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダにハリケーンってくるの?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、万が一メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください。