【英語学習】Bobが叔父だと無敵

とても面白い言い回しも時々紹介しようと思います。是非とも身に着けておいて、ここぞという時に使ってみてください。

 

Bob’s your uncle.

会話の中に突然こんなフレーズが出てきたら何のことかわかりますか?

このまま素直に訳せば「ボブはあなたの叔父さんです」となりますね。

ところが見た目からは想像もできないような意味が隠されています。

同義語として使われるのはこんなフレーズです。

and there you have it はいどうぞ

and there you go そこですよ

easy as pie たやすいことだ

piece of cake 楽勝だ

it’s that easy 簡単だよ

your success is guaranteed 絶対に大丈夫

どこがどうなったら ”Bob’s your uncle.” が上記のような意味になるのでしょうか。

 

このフレーズは1887年に登場したそうです。イギリス首相を務めたロバート・ガスコイン=セシルRobert Gascoyne-Cecilが、甥のアーサー・バルフォアArthur Balfourを半ば無理やりアイルランド担当大臣の職に就けたことが由来となっているという説が一般的です。ロバートRobertの愛称はボブBobですね。つまり、「ボブが叔父だとたやすく事が運ぶ」=「簡単な事ですよ」となったわけです。

例文を見てみましょう。

Where is the post office?  郵便局はどこですか?

Go straight on until you reach the park, take the first right, and Bob’s your uncle, you’re there!  公園のところまでまっすぐ行って右に曲がれば、ほら、そこが郵便局ですよ!

Press here and Bob’s your uncle! It’s disappeared! ここを押せば、ほら簡単!消えたでしょう!

Just tell them you’re a friend of mine and, Bob’s your uncle, you’ll get the job!  先方に私の友人だと言いなさい、そうすれば仕事をもらえるよ。

そしてこの発展形として

Bob’s your uncle, Fanny’s your aunt.

というフレーズもあります。Bobが叔父だというだけでも楽勝なのに、Fannyが叔母であれば更にグレードアップ、もうここまでくると無敵ですね。

 

このようにセットで使われる場合は叔母はFannyと決まっているのですが、Fannyの出どころは確実な説がありません。とにかくBobとFannyをセットで覚えてしまいましょう。

このフレーズは出どころであるイギリス本国と連邦諸国で主に使われるそうです。

このように面白い由来のあるフレーズは他にも沢山あると思います。どこかで見つけたらメモしておいて、使ったり蘊蓄を披露してネイティブ・スピーカーを驚かせてみませんか。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

【英語学習】Bobが叔父だと無敵

[contact-form-7 id="677" title="Contact form PostsPage"]