最近よく聞く「SDGs」って何?カナダとの関わりは?

近年、日本でもよく話題に上がっている「SDGs」ですが、そもそも「SDGs」とは何でしょうか?なぜ最近話題に上がっているのでしょうか?こちらの記事では、「SDGs」の内容やカナダだとの関係について解説したいと思います。

そもそもSDGsって何だろう?

SDGsはSustainable Development Goalsの略称であり、日本語訳は「持続可能な開発目標」です。2015年に国際連合の加盟国によって採用された、人類と地球の平和や繁栄のための計画である「The 2030 Agenda for Sustainable Development(持続可能な開発のための2030アジェンダ)」にSDGsが含まれています。

この計画は、先進国と発展途上国を含む世界中の国々が協力して達成しようと作られたものです。SDGsは、17種類の目標であり、世界の教育や健康、平等性や経済、環境問題に対する目標となっています。

SDGsの17種類の目標とは?

  1. No poverty 貧困をなくそう:
    世界的に見て、極度の貧困状態にある人々の数は、1990年の36%から2015年には10%にまで減少しました。しかし、この変化のペースは減速しており、新型コロナウイルスの危機は、貧困との戦いにおける数十年の進歩を覆す危険性があります。国連大学世界開発経済研究所が発表した新しい研究結果によると、世界的な大流行による経済的な影響で、世界の貧困が5億人(全人類の8%)も増加する可能性があると警告しています。世界的に貧困が増加するのは、1990年以来30年ぶりのことです。世界人口の10%に相当する7億人以上の人々が現在も極度の貧困状態にあり、健康、教育、水や衛生設備の利用など、最も基本的なニーズを満たすのに苦労しています。1日90ドル以下で暮らす人々の大半は、サハラ以南のアフリカに住んでいます。世界的に見ても、農村部の貧困率は17.2%で、都市部の3倍以上となっています。働いている人も、仕事があるからといってきちんとした生活ができるとは限りません。実際、2018年には、世界の働いている人とその家族の8%が極度の貧困状態にありました。5人に1人の子どもが極度の貧困状態にあります。すべての子どもやその他の脆弱なグループに社会的保護を確保することは、貧困を削減するために重要です。

  2. Zero Hunger 飢餓をゼロに:
    数十年にわたって着実に減少してきた飢餓に苦しむ人々の数は、栄養不足の有病率で測ると、2015年に再びゆっくりと増加し始めました。現在の推計では、世界人口の9%に当たる約6億9,000万人が飢えており、1年で1,000万人、5年で6,000万人近く増加しています。現在の世界は、2030年までに「飢餓をゼロに」を達成するための軌道に、乗っていません。最近の傾向が続けば、2030年には飢餓に苦しむ人の数は8億4,000万人を突破すると言われています。世界食糧計画によると、1億3,500万人が急性の飢餓に苦しんでおり、その主な原因は人為的な紛争、気候変動、経済の低迷です。新型コロナウイルスの影響により、その数は倍増し、2020年末までにさらに1億3,000万人が急性飢餓に陥る可能性があると言われています。4億5,000万人以上の人々が飢餓の危機に瀕する可能性があるため、最もリスクの高い地域に食糧や人道支援を提供するための迅速な行動が必要とされています。同時に、現在飢えている6億9,000万人以上の人々、そして2050年にはさらに20億人の人々に栄養を与えるためには、世界の食料・農業システムの大幅な変革が必要です。農業生産性の向上と持続可能な食糧生産は、飢餓の危険性を軽減するために非常に重要です。

  3. Good health and well-being すべての人に健康と福祉を:
    健康的な生活を確保し、あらゆる年齢層の人々の幸福を促進することは、持続可能な開発に不可欠です。現在、世界はこれまでにない世界的な健康危機に直面しています。新型コロナウイルスは人間の苦しみを広げ、世界経済を不安定にし、世界中の何十億もの人々の生活を狂わせています。新型コロナウイルスが発生する前は、何百万人もの人々の健康状態を改善するために大きな進歩がありました。平均寿命を延ばし、子どもや母親の死亡率を下げることに大きく貢献しました。しかし、さまざまな病気を完全に根絶し、持続的かつ新たな健康問題に対処するためには、さらなる努力が必要です。保健システムへの効率的な資金提供、衛生環境の改善、医師へのアクセスの向上などに注力することで、何百万人もの命を救うために大きな進歩を遂げることができます。新型コロナウイルスのような健康上の緊急事態は、世界的なリスクであり、準備の重要性を示しています。国連開発計画(UNDP)は、この危機に対処し、そこから回復するための各国の能力に大きな格差があることを強調しました。今回の新型コロナウイルスは、健康上の緊急事態への備えと、21世紀の重要な公共サービスへの投資にとって、重要な分岐点となるものです。

  4. Quality education 質の高い教育をみんなに:
    教育は社会経済的な上昇を可能にし、貧困から抜け出すための鍵となります。過去10年間で、教育へのアクセスと就学率、特に女子の就学率の向上に向けて大きな進展がありました。それにもかかわらず、2018年には約2億6,000万人の子どもたちがまだ学校に通っておらず、これは同年齢層の世界人口の約5分の1にあたります。また、全世界の子どもと青少年の半数以上が、読み書きと数学の最低習熟基準を満たしていません。2020年、新型コロナウイルスが世界に広がる中、過半数の国が学校の一時閉鎖を発表し、世界の91%以上の生徒に影響を与えました。2020年4月までに、16億人近くの子どもたちや若者が学校に通えなくなりました。また、学校給食に頼っている約3億6900万人の子どもたちは、日々の栄養を他のものに頼らなければなりませんでした。これほど多くの子どもたちが同時に学校に行けなくなり、学習に支障をきたし、特に最も弱い立場に置かれている人々の生活が損なわれたことはかつてありませんでした。この世界的な大流行は、世界の教育を向上させるために努力してきた成果を危うくするような、広範囲にわたる影響を及ぼします。

  5. Gender equality ジェンダー平等を実現しよう:
    ジェンダーの平等は、基本的な人権であるだけでなく、平和で繁栄した持続可能な世界のために必要な基盤です。過去数十年の間に進歩がありました。学校に通う女の子が増え、早婚を余儀なくされる女の子が減り、議会や指導的立場に就く女性が増え、男女共同参画を推進するための法改正が行われています。しかし、15歳から49歳までの女性や少女の5人に1人が、12ヶ月以内に親密なパートナーから身体的または性的な暴力を受けたと報告しています。新型コロナウイルスの影響により、ジェンダーの平等と女性の権利に関するこれまでの限られた進展が覆される可能性があります。 コロナウイルスの流行は、健康や経済、安全や社会的保護など、あらゆる分野における女性と少女の既存の不平等を悪化させています。女性は、第一線の医療従事者や家庭での介護者など、ウイルスへの対応に不均衡な役割を果たしています。学校の閉鎖や高齢者のニーズの増加に伴い、女性の無給のケアワークは大幅に増加しています。また、女性は不安定な労働市場で働くことが多いため、新型コロナウイルスの経済的な影響を受けやすくなっています。女性の60%近くがインフォーマルな経済活動に従事しており、貧困に陥るリスクが高くなっています。また、新型コロナウイルスの影響で、女性や少女に対する暴力が急増しています。在宅措置がとられているため、多くの女性が加害者と一緒に家に閉じこもり苦労しています。新しいデータによると、新型コロナウイルスの発生以来、女性や少女に対する暴力、特に家庭内暴力が激化しています。

  6. Clean water and sanitation 安全な水とトイレを世界中に
    清潔な飲料水と衛生設備へのアクセスが大幅に改善されたとはいえ、農村部を中心に何十億もの人々がこれらの基本的なサービスを受けられないでいます。世界では、3人に1人が安全な飲料水を利用できず、5人に2人が石けんと水を使った基本的な手洗い設備を持たず、6億7300万人以上がいまだに野外排泄を行っています。新型コロナウイルスは、病気の予防と抑制のために、衛生環境や清潔な水への十分なアクセスが極めて重要であることを示しています。手指の衛生状態は命を救います。世界保健機関(WHO)によると、手洗いは病原体の拡散を抑え、新型コロナウイルスを含む感染症を予防するためにできる最も効果的な行動のひとつです。しかし、未だに何十億人もの人々が安全な水の衛生設備を持たず、資金も十分ではありません。

  7. Affordable and clean energy エネルギーをみんなにそしてクリーンに
    世界中でエネルギーがより持続可能で広く利用できるようになってきているという心強い兆候が見られます。貧しい国での電気へのアクセスは加速し始め、エネルギー効率は向上し続け、電力部門では再生可能エネルギーが目覚ましい成果を上げています。とはいえ、30億人の人々が清潔で安全な調理用燃料や技術にアクセスできるようにするため、また、再生可能エネルギーの利用を電力以外にも拡大するため、そしてサハラ以南のアフリカにおける電化を促進するためには、さらに重点的な取り組みが必要です。エネルギー進歩報告書は、エネルギーアクセス、エネルギー効率、再生可能エネルギーに関する進捗状況を登録するグローバルなダッシュボードを提供します。この報告書は、各国がこれらの3つの柱についてどのような進捗状況にあるかを評価し、2030年の持続可能な開発目標の目標達成までの距離を示します。

  8. Decent work and economic growth 働きがいも経済成長も:
    持続的で包括的な経済成長は、進歩を促し、すべての人に適正な雇用を創出し、生活水準を向上させます。新型コロナウイルスは、何十億もの人々の生活を破壊し、世界経済を危険にさらしています。国際通貨基金(IMF)は、2009年と同等かそれ以上の世界的な景気後退を予想しています。雇用の喪失が深刻化する中、国際労働機関(ILO)は、世界の労働者の約半数が生活の糧を失う危険にさらされていると推定しています。新型コロナウイルスが発生する以前から、何十億人もの人々が貧困に苦しむ5カ国のうち1カ国では、2020年に一人当たりの所得が停滞または減少する可能性が高いとされていました。現在、新型コロナウイルスに関連した経済・金融ショック(工業生産の混乱、一次産品価格の下落、金融市場の変動、不安の増大など)は、すでに低迷している経済成長を狂わせ、他の要因によるリスクの高まりを増幅させています。

  9. Industry, innovation and infrastructure 産業と技術革新の基盤をつくろう:
    包括的で持続可能な工業化は、イノベーションやインフラとともに、雇用と所得を生み出すダイナミックで競争力のある経済力を解き放つことができます。また、新技術の導入と促進、国際貿易の促進、資源の効率的な利用においても重要な役割を果たしています。しかし、このような潜在力を十分に活用するには、世界はまだ長い道のりを歩んでいます。特に後発開発途上国が2030年の目標を達成するためには、製造業の発展を加速させ、科学研究やイノベーションへの投資を拡大する必要があります。世界の製造業の成長率は、新型コロナウイルスが発生する前から着実に低下しています。感染流行は製造業を直撃し、国際系の会社や製品供給に混乱をもたらしています。イノベーションと技術の進歩は、資源やエネルギーの効率化など、経済と環境の両方の課題に対する持続的な解決策を見出すための鍵となります。世界全体で見ると、研究開発(R&D)への投資額のGDPに占める割合は、2000年の5%から2015年には1.7%に増加し、2017年もほぼ横ばいでしたが、発展途上地域では1%未満にとどまりました。通信インフラについては、現在、世界の人口の半分以上がオンラインになっており、世界の人口のほぼ全員がモバイルネットワークがある地域に住んでいます。2019年には96.5%が少なくとも2Gのネットワークでカバーされていると推定されます。新型コロナウイルスの流行は、回復力のあるインフラの緊急性を明らかにしました。アジア開発銀行は、過去10年間に経験した急速な経済成長と発展にもかかわらず、多くの国で重要なインフラがまだ十分ではないと指摘しています。アジア太平洋経済社会調査では、インフラを災害や気候変動に強いものにするには、年間4,340億ドルの追加投資が必要だと指摘しています。この金額は、太平洋の小島嶼開発途上国など一部の地域では、さらに大きな金額が必要になるかもしれません。

  10. Reduced inequalities 人や国の不平等をなくそう:
    不平等を是正し、誰一人取り残さないことは、持続可能な開発目標の達成に不可欠です。国内および国家間の不平等は、根強い懸念材料です。一部の国では相対的な所得格差が是正され、低所得国には特恵貿易制度が適用されるなど、不平等の是正に向けた明るい兆しも見られますが、不平等は依然として続いています。新型コロナウイルスは、既存の不平等をさらに深め、最貧層や最も弱い立場にあるコミュニティに最も大きな打撃を与えています。また、経済的不平等などの脆弱性にもスポットライトが当てられ、脆弱なコミュニティが危機の影響を受けています。 同時に、社会的、政治的、経済的な不平等が世界的流行の影響を増幅させています。経済面では、新型コロナウイルスの流行により、世界の失業率が大幅に上昇し、労働者の収入が激減しました。また、新型コロナウイルスは、過去数十年の間にジェンダー平等や女性の権利について限られた範囲で進んできたことを危機にさらしています。健康、経済、安全保障、社会的保護など、あらゆる分野において、新型コロナウイルスの影響により、ジェンダー平等が悪化しています。また、保健システムが脆弱な国や、既存の人道的危機に直面している国では、脆弱な人々の間で不平等が深まっています。難民や移民、先住民、高齢者、障がい者、子どもたちは、特に取り残される危険性があります。また、社会的弱者をターゲットにしたヘイトスピーチが増加しています。

  11. Sustainable cities and communities 住み続けられるまちづくりを:
    世界では都市化が進んでいます。2007年以降、世界の人口の半分以上が都市に住むようになり、2030年にはその割合が60%になると予測されています。都市や都市圏は経済成長の原動力であり、世界のGDPの約60%を占めています。しかし、都市は世界の炭素排出量の約70%、資源使用量の60%以上を占めています。急激な都市化により、スラム住民の増加、インフラやサービス(廃棄物収集、水・衛生システム、道路・交通機関など)の不備や過大な負担、大気汚染の悪化、無計画な都市の拡大などが起こっています。新型コロナウイルスの影響は、貧困層や人口密度の高い都市部、特に世界のインフォーマルな居住地やスラムに住む10億人の人々にとって最も甚大なものとなるでしょう。また、過密な環境では、社会的距離を置くことや自己隔離などの推奨される対策をとることも難しくなります。国連の食糧機関であるFAOは、貧困層や社会的弱者の住民が食料を確実に入手できるような対策がなければ、都市部では飢餓や死亡者数が大幅に増加する可能性があると警告しています。

  12. Responsible consumption and production つくる責任つかう責任:
    世界経済の原動力となっている世界の消費と生産は、自然環境と資源の利用に依存しており、地球に破壊的な影響を与え続けています。前世紀の経済的・社会的発展は、環境の悪化を伴っており、私たちの将来の発展、さらには生存を左右するシステムそのものを危険にさらしています。関連データは以下の通りです:
  • 毎年、生産される食品の3分の1(13億トン、約1兆ドル相当)が、消費者や小売店のゴミ箱で腐ったり、輸送や収穫方法が悪いために腐敗したりしていると言われています。
  • 世界中の人々がエネルギー効率の高い電球に切り替えた場合、世界は年間1,200億ドルの節約になります。
  • 2050年に世界の人口が96億人に達した場合、現在のライフスタイルを維持するために必要な天然資源を供給するには、ほぼ3つの惑星に相当する資源が必要になります。

新型コロナウイルスの流行は、消費と生産のパターンをより持続可能な未来に向けて変化させる復興計画を各国が構築する機会となります。持続可能な消費と生産とは、より少ない資源でより多く、より良くすることです。また、経済成長を環境悪化から切り離し、資源効率を高め、持続可能なライフスタイルを促進することでもあります。持続可能な消費と生産は、貧困削減や低炭素・グリーン経済への移行にも大きく貢献します。

  1. Climate action 気候変動に具体的な対策を:
    2019年は記録的に2番目に暖かい年であり、史上最も暖かい10年間(2010年〜2019年)の終わりを迎えました。大気中の二酸化炭素(CO2)濃度やその他の温室効果ガスは、2019年に新記録を達成しました。気候変動は、すべての大陸のすべての国に影響を与えています。国家経済を混乱させ、生活にも影響を与えています。気象パターンは変化し、海面は上昇し、気象現象はより極端になっています。新型コロナウイルスの影響による渡航禁止や経済の減速により、2020年には温室効果ガスの排出量が約6%減少すると予測されていますが、この改善は一時的なものに過ぎません。気候変動は一時的なものではありません。世界経済が新型コロナウイルスから回復し始めると、排出量はより高いレベルに戻ることが予想されます。人命と生活を守るためには、新型コロナウイルスと気候変動の緊急事態の両方に対応する緊急行動が必要です。2015年に採択されたパリ協定は、今世紀の世界の気温上昇を産業革命以前の水準よりも2℃よりも十分に低く抑えることで、気候変動の脅威に対する世界の対応を強化することを目的としています。また、この協定は、適切な資金の流れ、新技術の枠組み、強化された枠組みを通じて、気候変動の影響に対処する各国の能力を強化することも目的としています。
  1. Life below water 海の豊かさ守ろう:
    海は、地球が人類にとって住みやすい環境であるためのグローバルなシステムがあります。雨水、飲料水、天候、気候、海岸線、食物の多く、そして私たちが呼吸する空気中の酸素までもが、最終的には海によって提供され、調整されています。この重要な地球資源を慎重に管理することは、持続可能な未来のための重要な特徴です。しかし現在、汚染による沿岸水の劣化が進み、海洋酸性化が生態系の機能や生物多様性に悪影響を与えています。また、小規模な漁業にも悪影響を及ぼしています。私たちの海を守ることは、引き続き優先事項でなければなりません。海洋の生物多様性は、人々と地球の健康に欠かせません。海洋保護区を効果的に管理し、十分な資源を確保するとともに、乱獲、海洋汚染、海洋酸性化を抑制するための規制を設ける必要があります。
  1. Life on land 陸の豊かさも守ろう:
    自然は、私たちが生きていくために不可欠なものです。酸素を供給し、気象パターンを調整し、作物の受粉を促し、食料、飼料、繊維を生産しています。しかし、自然はますますストレスにさらされています。人間の活動は、地球の表面のほぼ75%を改変し、野生生物や自然を地球上のより狭い場所に押し込めています。2019年版「生物多様性と生態系サービスに関するグローバルアセスメント報告書」によると、約100万種の動植物が絶滅の危機に瀕しており、その多くが数十年以内に絶滅すると言われています。この報告書は、自然を回復し保護するための変革を求めています。報告書によると、私たちや他のすべての生物種が依存している生態系の健全性がこれまで以上に急速に悪化しており、世界中の経済、生活、食料安全保障、健康、生活の質の根幹に影響を与えていることがわかりました。人間の活動や気候変動によって引き起こされた森林破壊や砂漠化は、持続可能な開発に対する大きな課題であり、何百万人もの人々の生活や人生に影響を与えています。森林は、地球上の生命を維持するために極めて重要であり、気候変動との戦いにおいても大きな役割を果たしています。また、土地の回復に投資することは、生活を改善し、脆弱性を減らし、経済のリスクを軽減するために不可欠です。また、地球の健康は、人獣共通感染症(動物と人間の間で感染する病気)の発生にも重要な役割を果たしています。脆弱な生態系を侵食し続けることで、人間と野生動物との接触が増え、野生動物の病原体が家畜や人間に波及し、病気の発生や増幅のリスクが高まっています。
  1. Peace, justice and strong institutions 平和と公正をすべての人に:
    紛争、治安の悪さ、制度の弱さ、司法へのアクセスの制限は、依然として持続可能な開発にとって大きな脅威となっています。戦争、迫害、紛争から逃れる人々の数は、2018年に7,000万人を超え、国連難民局(UNHCR)が記録した約70年ぶりの高水準となりました。2019年、国連は47カ国で人権擁護者、ジャーナリスト、労働組合員の357件の殺害と30件の強制失踪を追跡調査しました。また、世界の5歳以下の子どもたちの約4人に1人の出生が公式に記録されておらず、子どもたちの権利の保護や、司法や社会サービスの利用に不可欠な法的な身分証明を奪っています。
  1. Partnerships for the goals パートナーシップで目標を達成しよう:
    SDGsは、強力なグローバルパートナーシップと協力によってのみ実現することができます。開発アジェンダを成功させるためには、世界、国、地域レベルでの包括的なパートナーシップが必要です。それは、原則と価値観に基づいて構築され、人々と地球を中心に据えた共通のビジョンと共通の目標に基づいています。多くの国が、成長と貿易を促進するために政府開発援助を必要としています。しかし、援助レベルは低下しており、援助国は開発資金を増強するという公約を果たしていません。新型コロナウイルスの流行により、世界経済は2020年に3%の急激な縮小が予想され、大恐慌以来最悪の不況に陥ると言われています。各国が新型コロナウイルスら立ち直り、より良く復興し、持続可能な開発目標を達成するための手段を確保するためには、今まで以上に強力な国際協力が必要です。

出典:

カナダとSDGsの関連は?

カナダ政府は、2030年アジェンダの普遍性を受け入れ、カナダ国内および国際的にSDGsの実施を支援することを約束しています。カナダは協力して、貧困と不平等をなくし、より豊かで平和な社会を築き、地球を守るために努力しています。SDGsのカナダ国内実施に向けた包括的なアプローチは、真の意味で「誰も取り残さない」ために、カナダ社会の幅広い層を対象とする必要があります。これには、先住民、女性や少女、移民・難民、障害者、LGBTQ2コミュニティの人々など、社会から疎外されている、あるいは弱い立場に置かれているグループに特に当てはまります。実は、カナダ政府が国内外で行っている事項やプログラムの多くは、すでに2030アジェンダとよく一致しています。

  • カナダのフェミニスト国際援助政策は、女性や少女を含む最貧層や最も弱い立場にある人々に焦点を当てることを通じて、SDGsの達成において誰も取り残されないようにするという「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の大原則を支持しています。2018年予算で発表された国際援助のための新しい資源やツールは、SDGsのすべての達成に向けて活動するパートナー国を支援します。
  • カナダは、ジェンダーの平等とすべての女性と少女の力を優先することで、「SDG5(ジェンダー平等を実現しよう)」だけでなく、他のすべてのSDGsの達成も支援しています。
  • 和解を進めるというカナダ政府の公約に基づき、カナダと先住民との関係を刷新し、先住民のために成果を上げることは、SDG1(貧困のない状態)、SDG3(良好な健康と福祉)、SDG4(質の高い教育)、SDG6(清潔な水と衛生)、SDG16(平和、正義、強固な制度)など、複数のSDGsを支援します。
  • 和解を進めるというカナダ政府の公約に基づき、カナダと先住民との関係を刷新し、先住民のために成果を上げることは、「SDG1(貧困をなくそう)」、「SDG3(すべての人に健康と福祉を)」、「SDG4(質の高い教育をみんなに)」、「SDG6(安全な水とトイレを世界中に)」、「SDG16(平和と公正をすべての人に)」など、複数のSDGsを支援します。
  • 中間層を強化・成長させることで、カナダは「SDG8(働きがいも経済成長も)」と「SDG10(人や国の不平等をなくそう)」を支援します。
  • カナダの持続可能な開発の優先事項を定めた「2016~2019年連邦持続可能な開発戦略」は、「SDG7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)」、「SDG13(気候変動に具体的な対策を)」、「SDG14(海の豊かさ守ろう)」、「SDG15(陸の豊かさも守ろう)」など、多くのSDGsとリンクしています。
  • カナダの「クリーンな成長と気候変動に関するカナダ的枠組み」への支援、クリーンな経済成長への投資、国際的な気候金融への投資はすべて、「SDG7(エネルギーをみんなにそしてクリーンに)」、「SDG11(住み続けられるまちづくりを)」、「SDG12(つくる責任つかう責任)」、「SDG13(気候変動に具体的な対策を)」に貢献しています。

さらに、カナダ政府は2018年予算において、13年間で4,940万ドルを拠出し、SDG団体の設立とカナダ統計局による監査・報告活動に資金を提供することを発表しました。これにより、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に関するカナダの取り組みについて、政府のあらゆるレベル、市民社会組織、民間企業の間でより良い調整が可能になります。また、2030年までにすべてのSDGsが達成され、誰も取り残されないようにするためのカナダの国内および国際的な取り組みの監査と報告を支援することになります。また、カナダ政府は、SDGsの実施を支援するためのプログラムに、13年間で最大5,980万ドルを、既存の省庁の資源から提供することを提案しています。

出典:

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

最近よく聞く「SDGs」って何?カナダとの関わりは?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください