課題や論文のコピペ(盗作)は犯罪?

前回の記事「卒論や課題でコピペを避けるためのTips4選」もぜひご覧ください。

Plagiarism(盗作・コピペ)とは、他人の作品を自分の手柄にして、原作者に適切な謝意を示さない行為のことです。Plagiarismは何世代にもわたって行われてきましたが、インターネット上でのPlagiarismは比較的新しい問題で、最近になって増加傾向にあります。高校生の約6割が何らかの形でPlagiarismをしたことを認めており、そのうち半数がインターネットを利用したことを認めています。インターネット上でのPlagiarismは、通常、購入した論文からコピーするか、他人が書いた作品をコピー&ペーストするかのどちらかで行われます。

Plagiarismに関するカナダの法律

Plagiarismはカナダでは法律違反です。もともと1921年に制定されたカナダの著作権法は、1988年と1997年に改正されました。カナダの著作権法では、原作者は自分の作品を創作し、再生産することが認められています。著作者の著作権を侵害するすべての行為は、著作権侵害となります。この法律の規定により、原著作者は作品に対する権利を守るために法的支援を求めることができます。カナダの著作権は、”著作権法 “の第12条に基づいて留保されています。

カナダでは、Plagiarismはどのように罰せられるのですか?

カナダの著作権法第35条(1)に基づき、様々な罰金が課せられます。罰則は、著作者が原著者に金銭的な利益を与えない、または金銭的な損害を与えない場合は、100ドルから5000ドルとなります。商業的な侵害の場合、罰則は500ドルから2万ドルとなります。著作物のレンタルや販売を含む著作権侵害行為が発覚した場合は、100万ドルの罰金または2年間の懲役が科せられます。

アカデミック・インテグリティに違反し、論文にPlagiarismを犯した学生は、教育機関から懲戒処分を受ける可能性があります。罰則や処罰は教育機関によって異なり、学生の解雇や停学などが含まれます。懲戒処分は機関によって異なりますが、解雇や停学などがあります。また、学術上の不正行為で学生を落第させることもあり、カナダでの学業成績やキャリアに悪影響を及ぼします。

ブロガーやコンテンツ制作者が自分の作品に盗用したものを使用した場合、法的な問題に直面することになるかもしれません。結果として、彼らはPlagiarismの任意の苦情によって彼らの読者を失う可能性があり、それは彼らの信頼性を汚します。

今日、Googleをはじめとする多くの検索エンジンは、Plagiarismを真剣に受け止め、顧客サービスの向上に努めています。自分のサイトやブログに盗用されたコンテンツが表示された場合、そのサイトを検索結果から排除させることができます。コンテンツ制作者は、その結果、トラフィックを失う可能性があります。ビジネスブログの場合には、組織全体の評判に悪影響を及ぼします。

Plagiarismを防ぐには?

学生やライターはオリジナルのコンテンツを作成すべきであり、他のサイトやブログから素材を使用する場合は、元の著者やライターのクレジットを表示することが重要です。さらに、他のソースから直接文章を引用している場合は、その文章の原著者を明らかにする必要があります。学生や他のライターは、このようにすることで、上記のペナルティを避けることができます。

オンラインの無料Plagiarismチェックツールの例は以下の通りです:

  1. Quetext 
  2. Small SEO Tools
  3. Duplichecker
  4. Search Engine Reports
  5. Unicheck

出典:Plagiarism Law in Canada

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

課題や論文のコピペ(盗作)は犯罪?

[contact-form-7 id="677" title="Contact form PostsPage"]