大学の授業選択ってどうしたらいい?

大学の授業選択は、毎学期、学生にとって大変な作業です。しかし、これに対するストレスを軽減する方法はあります。最適な授業選択を計画するためのコツを以下でお伝えします。

1.専攻の必須科目をすぐに履修する

専攻がわかっているプログラムに入学する場合は、できるだけ早くその専攻の授業を受講することをお勧めします。これは、自分が選んだ専攻が本当に興味のあるものかどうかを見極めるためで、授業や将来のキャリアを好きになることが目標です。ですから、できれば一年次は選択科目を少なくして、専攻を修了するために必要な科目に集中するようにしましょう。すぐに専攻科目を履修すれば、後に専攻を変更する必要がなくなり、前の専攻に費やした時間が無駄だったと感じることもありません。

2.一日にすべての授業を詰め込まない

多くの授業をまとめて、週末を長くしたいと思うかもしれませんが、これは非常に疲れることです。大学の授業はだいたい一クラスあたり週に6時間で、その上に宿題があると、1日がものすごく長く感じられます。できれば、平日の午前中に授業を受けるか、平日の夜に授業を受けるようなスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。そうすれば、1日の大半を仕事や宿題、人との交流などに充てることができます。8時間かけて講義や研究室のノートを取るのは決して簡単ではありません。

3.ルームメイトのことも考慮する

キャンパス内の寮に住んでいる場合は、ルームメイトのスケジュールも考慮するようにしましょう。もし、あなたが平日は寝ていたいと思っていても、ルームメイトは朝8時からの授業が好きだとしたら、問題が発生する可能性があります。可能な限り妥協して、お互いのスケジュールに合わせるようにしてください。そうすれば、衝突を最小限に抑えることができますし、早起きしたり、夜12時まで寝ていたりと、自分の好きな朝を迎えることができます。

4.アドバイザーに助けを求める

大学の授業選択について忘れてはいけないことがあります。それは、専門家の助けを借りることです。アカデミックアドバイザーは、コース、専攻、副専攻などに関するあらゆることをサポートしてくれます。このサポートを利用して、あなたのプログラム、スケジュール、予想される仕事量に基づいて、何を履修すればよいかを聞いてみてください。

大学の授業選択は、決して怖いものではありません。早めに計画を立てれば、成功率も高くなります。同じ専攻の人に相談したり、アドバイザーに相談したり、ルームメイトと調整したりして、最終的には合理的なスケジュールを立てることができるはずです。上記のヒントに従えば、きっとうまくいくはずです。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

大学の授業選択ってどうしたらいい?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、万が一メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください。