勉強をはかどらせるために:マインドマップ作成方法

私たちは皆、忙しい生活を送っており、毎日のスケジュールは慌ただしいものです。明日は課題があるかもしれませんし、今週末には試験があるかもしれませんし、上司から今週のシフトを増やすように言われるかもしれません。何事にも優先順位があります。そこで、マインドマップが役立ちます。

マインドマップとは?

あなたの生活の中のあらゆる物や色、どんな状況でも、あなたの心の中では様々な記憶と結びついています。例えば、ハンドバッグを見た時、何を思い出すでしょうか?と聞かれれば、傘です。毎日、青いハンドバッグを手にして仕事に出ると、傘が入っているかどうかを確認することを思い出させてくれます。雨の多いバンクーバーに住んでいる私は、バッグと傘をマインドマップ化しています。ハンドバッグの青色は、傘を持っていることを思い出させてくれます。しかし、夕食の時にクラッチバッグを選ぶ時には、私の心は傘にマッピングされていません。これをマインドマップといいます。

マインドマップの練習をすると、物事を覚えやすくなり、勉強や仕事でも整理整頓しやすくなります。マインドマップとは、考えたり、知識を集めたり、思い出したり、アイデアを生み出したりするのに役立つツールです。自分の考えやアイデア、概念をグラフ化したもので、記憶力を補強してくれます。

マインドマップをどう作成するか?

Coogleで作成

スタート – 展開したいアイデアを紙の真ん中に描きます。この場合、私はハンドバッグの絵を挿入しました。

展開 – 中心となる画像/トピックに関連したサブトピックを展開します。上の例では、財布、化粧品、傘、iPadのサブイメージを展開しました。

繰り返し – サブトピック/サブイメージの下層をもう1つ作成して、サブトピックに接続します。この例では、財布に現金とクレジットカードを入れておきたいと思います。

私の頭の中の概念を補強するために、このグラフを使ったのです。これは、分析、理解、合成、想起、または新しいアイデアの生成に適しています。

マインドマップツールの利点

マインドマップツールはどんな時に使える?

  • 学校や仕事でメモを取りながら
  • チームメイトや同僚とブレインストーミングをしながら
  • 勉強しながら、暗記しながら(強く推奨)
  • 学校や職場で情報を発表しながら

無料オンラインマインドマップツールトップ5

従来、マインドマップは紙の上で行われていました。しかし、今日では、多くの無料のオンラインツールがあります。以下に記載されているのは、無料のマインドマップツールの例です。

Coggle
Coogleで作成
MindMeister
MindMeisterで作成
MindMaster
MindMasterで作成
Xmind
Xmindで作成
Wisemapping
Wisemappingで作成

マインドマップツールを使って物事を覚えることを始めれば、暗記にも大いに役立ちそうですね。

頑張ってください!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

勉強をはかどらせるために:マインドマップ作成方法

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、万が一メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください。