カナダで放射線技師になるには

診療放射線技師は、診断と治療の両方を目的としたX線撮影装置のオペレーターです。多くの場合、病院で採用されていますが、がん治療センター、診療所、放射線検査室、大学でも採用されています。

技術と生物学への情熱を持つ留学生にとって、この職業はあなたのためのキャリアになるかもしれません。この職業では、医学部のような長いプログラムに参加することなく、技術を通して人々を助け、病気や外傷の診断で医師を助けることができます。

将来の放射線技師に必要な教育

カレッジ/大学プログラム

  • アルゴンキンカレッジ – 医療放射線技術:アルゴンキンカレッジでは、医療放射線技術の3年間のプログラムを提供しています。このプログラムは、教室での指導と臨床実習の両方を通して、放射線技師としてのキャリアを積むための準備をするように設計されています。教室では、健康倫理、応用解剖生理学I、病理学Iなどのコースを体験します。授業中のラボセッションは臨床実習の準備に役立ちます。オタワ周辺で、合計1,500時間以上の実習が3つあります。
  • カレッジオブニューカレドニア – メディカルラジオグラフィーテクノロジー:カレッジオブニューカレドニア(CNC)は、BC州のプリンスジョージにある2年間のプログラムで、医療用X線撮影技術のディプロマプログラムを提供しています。学生は、教室での指導と臨床実習の両方を通して、X線撮影の長所と短所を学びます。授業では、関係解剖学と生理学、倫理とカナダの医療、そして他のコースの中でも特にレントゲン撮影の手順などのコースを受講します。一方、臨床実習では、授業で学んだことを実際の環境で応用することができます。
  • ファンショウカレッジ – 医療放射線技術:ファンショウカレッジは、オンタリオ州ロンドン市にある医療放射線技術の3年間のプログラムを提供しています。このプログラムでは、教室やラボでの作業と合わせて54週間の実習が含まれており、この組み合わせにより、オンタリオ州およびその他の地域での放射線技師としてのキャリアのために卒業生を準備することができます。プログラムに組み込まれているコースのいくつかは、画像診断、医療放射線科学、断面解剖学があり、合計54週間の4つの臨床実習があります。

州の規制機関による免許
カナダの医療放射線技術(MRT)プログラムを卒業すると、卒業生は、その州の規制機関からライセンスを取得する必要があります。多くの場合、州の規制機関は、あなたがその州内で練習する資格があることを証明する必要があります。認証は、州ごとに異なります。

例えば、アルバータ州のアルバータカレッジオブメディカルダイアグノスティック&セラピュティックテクノロジストは、MRTの卒業生がライセンスを取得するためにそれらに登録する必要があります。カレッジへの新規入学希望者は、以下の要件を満たす必要があります:

  • 同等とみなされる研究または教育の承認されたプログラムを修了していること。
  • カレッジカウンシルが設定または承認した実技試験の合格(仮登録の場合は不要)
  • 過去5年間の必要練習時間数を含む練習履歴(新卒者は卒業後2年以内に提出すれば免除される)
  • 医療診断・治療技術の実践に安全かつ的確に携わることができる程度の英語力を有すること
  • 行動宣言書と詳細および該当する場合は書類を添付
  • カレッジが承認したレギュレーション教育モジュールの合格
  • 専門家賠償責任保険(PLI)または要件に基づく専門家賠償責任に対する保護の証明
  • 犯罪歴チェックの提出
  • 料金の支払い

各州の規制機関の運営は若干異なりますので、お住まいの州の規制機関については、必ず調査を行ってください。

カナダ医療放射線技師協会による認定
カナダのMRTプログラムの卒業生は、カナダ医療放射線技師協会が管理する国家試験を完了する必要があります。これは年に3回実施される試験で、学生はカナダ医学放射線技師協会の試験にオンラインで登録する必要があります。

コンピュータを使用した試験は4時間で、185問の選択式問題が出題されます。試験はコンピテンシーベースのモデルに沿って行われ、学生は情報を思い出す能力とは対照的に、自分の行動がテストされるように準備しておく必要があります。カナダ医療放射線技師協会は、MRTが卒業時に保有すべきすべての必要なコンピテンシーの概要をまとめた文書を作成しています。

雇用の見通しと期待される成長率

カナダ政府の発表によると、医療用放射線技師の仕事の見通しは、州や地域によって大きく異なります。カナダ政府が引用しているように、以下の州では、雇用の増加と拡大の見通しが良いと予想されています。

  • アルバータ州
  • ブリティッシュコロンビア州
  • ニューブランズウィック州
  • オンタリオ州
  • プリンスエドワードアイランド州

一方、以下の州では、カナダ政府が引用しているように、かなりの雇用の増加と拡大が見込まれています。

  • マニトバ州
  • ニューファンドランド&ラブラドール州
  • ノバスコシア州
  • ケベック州
  • サスカチュワン州

そして最後に、カナダ政府が引用している以下の州では、雇用の伸びや見通しは未定のままです。

  • ノースウエスト準州
  • ヌナブト準州
  • ユーコン準州
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダで放射線技師になるには

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。