エアカナダの成田↔バンクーバー間のフライトが停止になるかもしれません

以下の情報は2月9日午後2時(PST)時点での情報です。最新情報に関してはお問い合わせください。

カナダ大手報道機関(Global News/ CBC 等)によりますと、エアカナダ(Air Canada)が新型コロナウイルスによる影響で、人員削減およびフライトの削減を行う予定であるそうです。各種報道機関は、エアカナダの労働者1500人が新たに仕事を失うこととなるだろう、と発表しています。

また、フライトの削減には、成田↔バンクーバー間も含まれています。フライト停止予定の便は以下の通りです:

【アメリカ線】

  • トロントから:フォートマイヤーズ(2月14日)、ボストン(2月16日)、ワシントン – リーガン(2月17日)、デンバー(2月17日)ニューヨークラグアルディア(2月17日)
  • モントリオールから:ボストン(2月17日)、ニューヨークラグアルディア(2月17日)
  • バンクーバーから:シアトル(2月16日)
【国際線】
  • トロントから:ボゴタ(2月16日)、ダブリン (2月12日)、 ドバイ(新規便停止)、サンパウロ(2月16日)、香港(新規便停止), テルアビブ(停止継続)
  • モントリオールから: ボゴタ(2月13日)
  • バンクーバーから: イギリスロンドン(2月14日)、日本東京成田(2月15日)

尚、JALANAでは、東京↔バンクーバーの便は継続されています(2月9日現在)。最新情報に関しましては、各航空会社のウェブサイト、空港のウェブサイト、カナダ政府のウェブサイトをご確認、または、お問い合わせください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

エアカナダの成田↔バンクーバー間のフライトが停止になるかもしれません

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。