カナダ渡航の際のPCR検査証明義務施行・日本での水際対策とは?(注:ケベック追加)
以下の情報はカナダ時間1月4日時点の情報です。

カナダへの渡航時のPCR検査証明義務

先日の記事で「PCR検査で陰性の結果がないとカナダへ渡航できなくなるかもしれません」と投稿しましたが、この規制が施行される運びとなりました。カナダ移民局のウェブサイトによりますと、こちらの規制は、2021年1月7日午前12時01分(ESTトロント時間)より施行される予定だそうです。こちらの規制では、他国からカナダへのすべての渡航者(5歳以上)は、カナダ行きフライトの出国72時間以内の新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提示が義務付けられています。PCR検査陰性証明書は、カナダ行きフライトに搭乗する前に航空会社へ提示する必要があります。尚、PCR検査陰性証明書を取得しても、カナダ入国後の14日間の自己隔離は引き続き義務付けられています。カナダに渡航予定の方は、上記の点をご注意ください。

日本人が日本に帰国する際に気を付けるべき水際対策

先日の記事で「日本の水際対策にオンタリオ追加」と投稿しましたが、さらにケベック州が追加されることとなりました。水際対策では、該当国・地域への滞在歴のある渡航者すべて(日本国籍保持者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明義務があり、到着時に検査を実施することとなっています。先日の投稿で発表したオンタリオ州に関しては日本時間令和2年12月31日午前0時より、ケベック州に関しては日本時間令和3年1月3日午前0時より、この水際対策が施行されております。カナダのほかの州でも変異型のウイルスの感染事例が確認されており、「市中感染」していると判断されれば、この水際対策に追加される可能性もあります。日本に帰国予定の方は外務省の最新情報を確認し、水際対策に追加されている州からの渡航をされる方は、上記の点をご注意ください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

お問い合わせの記事

カナダ渡航の際のPCR検査証明義務施行・日本での水際対策とは?(注:ケベック追加)

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、万が一メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください。