カナダで留学生が弁護士 (Lawyer) になるには?

多くの留学生は、カナダで弁護士になることに興味を持っていますが、どのようにしたらよいのかわからないでしょう。カナダで弁護士になるためには、2つの主要な方法があります。一つは、留学生を受け入れる各州の法律学部で法教育を完了することです。もう一つの方法は、母国(日本など)で法科大学院の訓練を完了し、その教育と専門的な経験がカナダの国家委員会によって認可されることです。

方法1 - カナダの法学部に通う

留学生を受け入れるカナダの法学部
  1. トンプソンリバーズ大学 – トンプソンリバーズ大学は、カナダのブリティッシュコロンビア州に位置し、法学部があります。留学生は、要件を満たしている限り、提供されるプログラムを履修することができます。要件には、学士号または学士号プログラム3年間の完了、オンライン/紙の申請書の記入、大学の成績証明書、興味の声明、2つの推薦状、履歴書、およびLSATのスコアなどのが含まれています。学生がプログラムに入ったら、Juris Doctorプログラムを追求することができます。このプログラムは、カナダで法律を使うために卒業生を準備するプロの法律プログラムです。プログラムは、カナダでの法律の基礎、高度な専門的な法律のコースだけでなく、海外留学の機会もあります。
  2. ビクトリア大学UVIC – ビクトリア大学は、ブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島に位置しており、国内の学生と留学生のための法学部も併設されています。留学生は、資格要件を満たすことを条件に、法学部が提供するプログラムを履修することができます。UVICでは、要件に、良いGPAとLSATのスコア、および個人的な声明が含まれています。また、以下の法律のプログラムは、それぞれのプログラムに応じて追加の要件があるかもしれません:Juris Doctor、Joint Indigenousの学士号、LLMと博士号。UVICの法学部がユニークなのは、法律のCo-opプログラムであり、留学生は、カナダや国際的な法律の機関で有給の仕事の経験を得ることができます。
  3. サスカチュワン大学 – サスカチュワンにあるサスカチュワン大学では、Juris Doctorプログラムと法学修士プログラムの2つの法律プログラムを提供しています。留学生の申請者は、サスカチュワン大学が提供する両方のプログラムで受け入れられています。人気のあるJuris Doctorプログラムに申請する留学生は、次の要件を満たす必要があります:合格したLSAT試験、個人的な声明、必要に応じてTOEFLのスコア、約60単位である学士号の2年間の完了を含みます。法学修士プログラムのために、留学生は、言語能力の要件を満たす必要があります。これは、少なくとも平均70%ほどを満たす必要があります。
州の司法試験を完了する

学生(留学生または国内の)がJDプログラムを修了したら、法律の実務を開始するために、各州の司法試験に合格する必要があります。これらの司法試験は、試験を行う州によって大きく異なりますので、各州の特定の法律協会で確認してください。例えば、ブリティッシュコロンビア州の司法試験は、以下の通りです。

BC州では、認定を希望する弁護士は12ヶ月のプログラムを完了する必要があります。開始するには、法律事務所などの法的な職場での職業体験の9ヶ月が含まれます。この職業は、フルタイムで行う必要があります。これに続いて、法的スキル、倫理、および実践管理などの内容の10週間のプロフェッショナル-リーガル-トレーニング-コース(PLTC)を行う必要があります。このコースは、バンクーバーの法律協会やバンクーバー島のカモサンカレッジで履修可能です。このコースの後、PLTCコースで学んだ内容を確認する2つの試験があります。このすべてを完了すると、あなたは、会員オプションや料金案内と共に、法廷への呼び出しと入学を詳述したパッケージを受け取ることになります。

方法2-外国人研修弁護士の認定

すでに海外(日本)の法学部に通っている場合は、カナダで弁護士になれる可能性があります。しかし、カナダの国家委員会によって管理されていることを確認する承認手続きを行う必要があります。

全国認定委員会(NCA)による教育承認

カナダで働くことを希望する外国での訓練を受けた人は、国家委員会NCAの認定を受ける必要があります。この機関は、カナダ国外の資格を取得した人の教育と専門的な経験の両方を評価する機関です。

外国での訓練を受けた人としてのNCAでの最初のステップは、申請条件を満たしているかどうかを判断することです。NCAの自己チェックでは、訓練を受けた場所の確認及びオンラインでの研究を確認し、今までの法に関連する教育を確認します。この自己チェックはNCAで判断が下りる保証ではなく、実際のNCAの評価自体に取って代わるものではないことに注意が必要です。NCA の評価では、以下の情報を提供する必要があります:

  • 法学部入学前の大学の成績証明書
  • 法教育の正式な成績証明書
  • 教育・実務経験の最新情報
  • *現在弁護士である場合 – 弁護士会などからの正式な手紙や良好な地位の証明書

NCAの評価が完了すると、カナダで取得する必要がある教育の詳細についてのレポートがNCAから送られてきます。これは、大学院のプログラムまたはコースである可能性があり、それは評価の結果により変動します。この知識を得ることにより、ほかのカナダの卒業生のように、カナダの法律を使用するために十分に準備されていることを意味します。

教育の部分が完了したら、NCAから資格の証明書を得るための申請をする準備ができています。これは、教育や試験の証拠となり、選択した州での申請に証拠として利用することができます。

カナダで開業する弁護士のキャリア展望

いくつかの例として、カナダの弁護士は、先住民族法、環境法、刑法、行政法、会社法、税法、家族法など、はるかに多くのことに特化することができます。カナダ政府は、ジョブバンクのウェブサイトを介して、弁護士の仕事の成長、見通しと賃金を報告しています。カナダ政府によると、労働力の供給と需要はほぼバランスがとれていると予想され、仕事を探している新しい弁護士は、2019-2028年の期間にわたって46 600人であることが期待されている中、求人は46 000を合計することが期待されています。弁護士の需要は、カナダ政府が引用したように、ブリティッシュコロンビア州、マニトバ州、ニューブランズウィック州、ニューファンドランドとラブラドール州、ヌナブト州、ケベック州とサスカチュワン州で最も高くなります。カナダの弁護士は116 940カナダドルの平均年俸を得ることを期待することができます。しかし、カナダ政府によると、州によって大きな変動があります。

出典:
https://www.tru.ca/
https://www.uvic.ca/law/
https://law.usask.ca/index.php
https://www.lawsociety.bc.ca/
https://nca.legal/
https://www.jobbank.gc.ca/marketreport/outlook-occupation/15815/ca;jsessionid=DF187EACC10263B8C546751D3B7C2714.jobsearch74
https://www.jobbank.gc.ca/marketreport/wages-occupation/15815/ca

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

お問い合わせの記事

カナダで留学生が弁護士 (Lawyer) になるには?

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、万が一メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください。