コロナ禍におけるカナダ入国時、自己隔離の注意点
こちらの情報は2020年6月18日時点での情報です。最新の情報はお問い合わせください。

有効な就学許可証を持つ留学生、また2020年3月18日までに就学許可が承認されている留学生は、現在カナダに渡航することができます。ただし、コロナウイルスが他の国からカナダに持ち込まれないようにするために、カナダに到着する渡航者には多くの新しい予防策が講じられています。そのため、渡航には制限があります。海外渡航者を受け入れる空港は4つだけであり、すべての渡航者は国のArriveCANアンケート、またブリティッシュコロンビア州とアルバータ州の場合は州のアンケートに記入する必要があります。さらに、カナダに戻るすべての海外渡航者は、法律により14日間の自己隔離を義務付けられています。

現在利用可能なカナダの空港

国際便は次の場所でのみ到着できます:バンクーバー国際空港カルガリー国際空港トロント・ピアソン国際空港モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港(アメリカ/中央アメリカの便を除く)。この条例はジャスティン・トルドー首相により発表されました。

ArriveCANアプリのダウンロードが必要

渡航者は国のArriveCANアプリケーションをダウンロードする必要があります。携帯電話でアプリをダウンロードし、アンケートに記入してください。アプリは英語、フランス語、スペイン語のみで利用可能です。

下記からArriveCANアプリケーションをダウンロードして下さい。

ArriveCANアプリの使い方

フォームは、渡航計画、コロナウイルス自己診断および自己隔離計画の2つのセクションがあります。

1:プライバシー契約を読み、同意します。

2:カナダへの入国方法の交通手段を選択します。

3:日付、空港、航空会社、フライト番号など、フライトに関する詳細を追加します。

4:氏名、生年月日など、渡航者としての自分に関する情報を追加します。

5:一緒に渡航する渡航者の情報を追加します。

6:目的地の種類、住所、都市、郵便番号、到着日、出発日など、目的地に関する情報を提供します。また、この時点でほかの目的地を追加します。

7:電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報、選択する言語を入力します。

8:コロナウイルスの自己診断と自己隔離計画のアンケートの記入を開始します。

9:咳、発熱、または呼吸困難の有無に関して「はい」または「いいえ」で答えてください。

10:自己隔離のための14日間の滞在場所の有無について「はい」または「いいえ」で答えてください。

11:滞在場所に脆弱な人がいるかどうかの有無について「はい」または「いいえ」で答えてください。

12:滞在場所がグループ生活環境であるか否かについて「はい」または「いいえ」で答えてください。

13:自己隔離中に食べ物やその他の必需品を配達してもらうか否かについて「はい」または「いいえ」で答えてください。

14:対象となるカナダの空港でのトークン番号を入力します。

州によっては自己隔離プランの提出が必要

ブリティッシュコロンビア州 

バンクーバーに入る人は、BC州自己隔離計画に記入する必要があります。BC州に戻る前、またはBC州に戻ったときにオンラインで提出するか、紙のフォームで提出することができます。渡航前にオンラインでフォームに記入して送信することをおすすめします。渡航者がオンラインでフォームに記入すると、確認番号が送られてくるので、渡航時にその番号をすぐに出せるようにしておく必要があります。さらに、渡航中に携帯するために自己隔離計画書を印刷しておくと良いでしょう。

これは6月17日時点でのガイドラインです。今後変更される可能性があるため、バンクーバー国際空港に移動する前に、新しく渡航アンケートなどがあるかを、空港のウェブサイト州のウェブサイトをチェックしてください。

オンタリオ州 

州の自己隔離計画の提出は現在ありません。6月17日現在、渡航者は国のArrriveCANを完了することのみが必須です。今後変更となる可能性があるため、トロント・ピアソン国際空港に移動する前に、空港のウェブサイト州のウェブサイトをチェックしてください。

アルバータ州 

州の自己隔離アンケートに答える必要があります。税関を通過した後、州のチェックポイントでアンケートを受け取ります。また、事前に印刷して持参しておくことも可能です。

6月17日現在のガイドラインです。今後変更となる可能性があるため、カルガリー国際空港に移動する前に空港のウェブサイト州のウェブサイトをチェックしてください。

ケベック州

州の自己隔離計画の提出は現在ありません。6月17日現在、渡航者は国のArrriveCANを完了することのみが必須です。今後変更となる可能性があるため、モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港に移動する前に、空港のウェブサイト州のウェブサイトをチェックしてください。

 

現在、一部の海外渡航者は、カルガリー、トロント、モントリオール、バンクーバーからカナダに入ることができます。これには、有効な就学許可証を持っているか、2020年3月18日までに取得している留学生が含まれます。ただし、コロナウイルスを考慮して多くの新しいフォームとプロセスがるため、カナダへのフライトに搭乗する前に各Webサイトにて最新情報を確認してください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

コロナ禍におけるカナダ入国時、自己隔離の注意点

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください