コロナ禍にカナダから日本へ帰国!PCR検査や隔離の体験談

ナギサさんはバンクーバーのキャピラノ大学に通う留学生です。彼女は2020年春に、学期が終わりに近づいていたこと、そして新型コロナウイルスの状況がカナダで悪化していたことから、日本に一時帰国することに決めました。いつもとは異なる手順で帰国し、自己隔離を行うまでの流れを今回は解説してもらいます。

※彼女の帰国は2020年4月3日だったため、以下内容は現状と異なる可能性があります。

4月1日に日本政府が発表した「水際対策強化に係る新たな措置」により、4月3日以降に日本に到着するカナダからの渡航者も、日本国籍者以外は入国拒否対象となりました。これにより、カナダ在住の日本人留学生が帰国する際にはPCR検査の実施、14日間の隔離が義務付けられました。

私は現在カナダに住む大学生で、水際対策強化が始まる前から日本へ一時帰国の予定をしていました。私が帰国の際に経験したことをお話しします。

バンクーバー空港でのチェックイン・保安検査

私のフライトは4月3日バンクーバー発、4月4日羽田空港着のANA便でした。バンクーバー空港はいつもと同じような感じでしたが、ANA以外の国際線カウンターは閉まっていました。

カウンターで「日本入国にあたっての大切なお知らせ」という紙をもらいました。そこには、PCR検査の義務と14日間の隔離、また、それによる国内線乗り継ぎ禁止が明記されていました。私の地元は香川なので羽田空港から岡山空港を経由して帰る予定でしたが、国内線のフライトをキャンセルすることになりました。チェックインや保安検査のプロセスはいつも通りでしたが、列に並んでいた時の搭乗者と搭乗者の間は2メートル以上に保たれていました。

機内で行った書類の記入

定刻通りに搭乗し、離陸しました。機内で4枚の書類が渡され、確認及び記入や署名を行うように言われました。書類は以下の通りです:

  • 検疫所よりお知らせ
  • 体調に関して
  • 隔離予定の場所の住所
  •  公共交通機関を使わないという同意書

着陸後、検疫機関の指示があるまで機内で20分間待機しました。

羽田空港ゲートでの書類確認

飛行機から降りてすぐにゲートで同じ飛行機に乗っていた人たちが集められ、全員集まったあとに機内で配られた4枚の書類の確認及び重要な点の復習を行いました。その際のアナウンスによると、羽田空港付近のホテルには、不定期でバスが出ているものもあるそうです。

羽田空港でのPCR検査

検疫は以下の順で行われました。

1) 小さい子ども連れの人

2) 羽田空港付近のホテルに滞在しない人(家族や友人が迎えに来ている人、自分でレンタカー借りて自宅まで帰る人、隔離場所まで自分で行ける人)

3) 羽田空港付近のホテルに滞在予定の人

 

検疫の流れは以下の順でした。

1) 列に並んで書類の確認(隔離先や迎えに来る人、体調を口頭で確認)

2) ターミナルの反対側にある仮設ブースで一人ずつ検査

3) 検査方法はインフルエンザと同様で長い綿棒を鼻の中に入れる


羽田空港ゲートでの書類確認と検疫で1時間ほどかかりました。

検疫後の入国

検疫終了後通常通り入国し、荷物を受け取り、税関の手続きを行いました。想像していたよりスムーズに帰国することができましたが、到着日の国際線はバンクーバー便以外すべてキャンセルされていたため、他の国際便があったらさらに時間がかかっていただろうと思います。

 

空港での連絡によると、1日半から2日ほどで書類に記入した電話番号やEメールに検査結果が検疫所から送られてくるとの事でした。私は陰性という結果のEメールを受け取るまで8日間かかりました。

 

検査結果が出るまでは宿泊を許可しないホテルもあり、羽田空港周辺での宿泊の場合、空港内で検査結果を待たなければならない人たちもいるようです。私は、国内線の乗り継ぎができなかったので、父に羽田空港まで迎えに来てもらい、約12時間ほどかけて香川へ帰りました。現在14日間の隔離生活中です。

各国が大変な時期であり、何もかもが通常とは異なるとは思いますが、日本へ帰国する方に向けて少しでもお役に立てればと考えています。時間など、ぜひ目安にしてみてくださいね。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

コロナ禍にカナダから日本へ帰国!PCR検査や隔離の体験談

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください