[BC] ウィスラー映画祭で96以上の作品を上映

出典:WHISTLER FILM FESTIVAL

ウィスラー映画祭(WFF)は、カナダで愛されている映画祭の1つであり、 カリビアンテイルズ国際映画祭 の運営サポートもしています。映画や短編映画に対するあなたの情熱は、12月に90以上の映画が上映されるウィスラー映画祭でさらに燃え上がることでしょう!今年のWFFでは、俳優のサイモンペッグ、ジョセフパントリアーノ、チェルシーペレッティ(スピンスター)が3つのシグネチャーシリーズイベントで登場します。イベントと映画のチケットのセット購入も可能です。

開催期間:2019年12月4日(水)から9日(月)

アーティストスポットライト

WFFの一番の魅力は上映会とともに、監督や俳優、そして女優などのゲストインタビューが行われることです。今年、WWFが迎える素晴らしいゲストは、ジョセフ・パントリアーノ、キャサリン・オブライエン、サイモン・ペグ、そしてチェルシー・ペレッティです。

ジョセフ・パントリアーノ

エミー賞を受賞した俳優をスクリーン上で、そして間近で見てください! ジョゼフの出演する映画「フロム・ザ・ヴァイン」の上映時には、監督であるWFFの卒業生Sean Cisternaとのステージ上のインタビューが行われます。ジョセフ・パントリアーノに直接質問するチャンスです!

日付:12月5日(午後1時から午後3時まで)

入場料:37ドル

サイモン・ペグ

イギリスの俳優であり、作家、プロデューサーとしても活躍しているサイモン・ペグの素晴らしい作品をお楽しみください。「失われた伝送」での彼のユニークなパフォーマンスは必見です。また、サイモンとともにキャサリン・オブライエンも映画についてのインタビューに参加します。

日付:12月5日(午後7時)

入場料:45ドル

チェルシー・ペレッティ

「ブルックリン99」の象徴的なキャラクタージーナリネッティで知られるチェルシーペレッティが、今年のアーティストスポットライトに登場します。スタンドアップコメディアン、女優、そして作家として生きる彼女のインタビューは見逃せません。

日付:12月6日(午後5時)

入場料:37ドル

WFF注目の映画

WFFは世界中の映画を上映します。 スキーとココアを楽しんだ後は、以下の注目すべき映画をお楽しみください。

失われた伝送(The Lost Transmissions)(124日)

キャサリン・オブライアン原作兼監督の「失われた伝送」は、統合失調症の治療薬を失った、絶賛された音楽プロデューサーであるテオ・ロスを中心にストーリーが繰り広げられます。この衝撃的な物語は、精神保健サービスの不十分さだけでなく、精神の複雑さも訴えています。ロックンロールからロックボトム(どん底)までを描いたヒット作の背後にある名もなきヒーローたちの物語です。

アーティストの妻(The Artist’s Wife)(125日と7日)

クレアの夫の突然の認知症診断により、彼女は重要な決断を下されます。その結果、期待されている夫のアートショーを祝う準備をしていた夫婦は、厳しい現実に直面します。一度見たら頭から離れないブルース・ダーンとレナ・オーリンの迫真の演技をご覧ください。

見知らぬ人の優しさ(The Kindness of Strangers)(125日と6日)

Lorne Scherfigによる「見知らぬ人の優しさ」は、輝かしい都市ニューヨークで生きる人々が直面している現実を描いています。 冬のニューヨークで起きるそれぞれの異なるストーリーが交差します。主人公のクララは、DVパートナーから逃れるべく2人の子供を連れてニューヨークへやってきます。身寄りのない彼女たちは、生活のために見知らぬ人々の親切心に頼らなければいけなくなります。 

アパパチョ:魂の愛撫(Apapacho: A Caress for The Soul)(126日と7日)

マーキーズルパージュ監督は、メキシコ文化の優雅さと、カリーヌとエステルの2人の姉妹の心温まる物語を組み合わせています。メキシコの小さな町にいる姉妹は、彼女たちの姉の死を悼むためにコミュニティ「死者の日」に慰めを見つけます。儀式の美しさとホストのユーモアによって、姉妹は姉を失った深い悲しみを少しずつ乗り越え始めます。

朝の静けさの女王(Queen of The Morning Calm)(127日と8日)

受賞歴のある監督のグロリア・ウイ・ヤングは、若い移民のセックスワーカーと彼女の子供を描いた感動的物語をお届けします。自分たちの価値に気付くまでの母と娘の物語。見る人は主人公の心が癒される過程に加え、虐待の深刻さについても考えさせられます。

ウィスラーで スキーを一日楽しんだあとは、感動的な映画の夜を楽しみませんか?ドキュメンタリーや短編映画、ドラマ、そしてアドベンチャーなど、あらゆるジャンルの96以上の映画が上映されます。さらに、この映画祭では、映画産業に関心がある人々のための沢山のプログラムも用意されています。詳細はこちらをご覧ください: 公式ウェブサイトをご確認ください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

[BC] ウィスラー映画祭で96以上の作品を上映

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください