教授へメールで質問する方法

カレッジや大学では、教授やTA(Teaching Assistant)に何度もメールを送らなければならない状況があるでしょう。その際、メールがプロフェッショナルで丁寧であることを確認する必要があります。これにより、教授やTAに適切に内容を伝えることができ、結果としてあなたが要求している情報も得ることができます。

メールの件名

メールの件名は、教授に尋ねる内容を示している必要があります。たとえば、”GEOG 162”クラスの課題に関する質問をメールで送信する場合、”GEOG 162”と件名に入れましょう。これで、教授はどの授業の学生から連絡が来たのか件名から予想することができます。

挨拶

第一印象は最も重要です。メールの場合、それが挨拶です!”Dear,”など適切な書き出しで始めていることを確認してください。また、この後に、”Mr.”や”Ms.”そして”Professor”のいずれかを入力し、次に姓を入力する必要があります。姓を書いた後、コロンを必ず追加してください!この句読点は重要です。正式なメールを書いている場合はコロンを使用し、正式でないメールの場合はコンマを使用します。フォーマルのレベルはあなたの裁量次第です。すべての教授が博士号を持っているわけではないため”Professor”の使用は避けるのが賢明かもしれませんね。ですが、”Professor”や”Dr.”を使用する利点の1つは、教授の性別を示す必要がないことです。

丁寧な書き出し

メールの実際の内容を詳しく伝える前に、丁寧かつメールの内容とは直接関係のないコメントから始めましょう。たとえば、“Hope your summer is going well!”(素敵な夏を過ごされているでしょうか) または“Hope you had a great weekend!” (良い週末を送られましたでしょうか)など、教授が教育以外の生活を送っていることをあなたが理解していることを示しています。また、土曜日または日曜日ではなく週末後にメールを送信することを選択した場合、相手の時間を考えてメールを送信している人物だと理解されるでしょう。週末にメールをチェックして返信するのが好きな人はいないので、できれば月曜日に”Hope you had a good weekend”(良い週末を過ごされましたか)で始めるメールを送ると良いですね!

自己紹介をする

教授にあなたが何者であるかを知らせましょう。自己紹介をして、あなたがどのクラスにいるかを伝えるだけで十分です。クラスで話し合った内容など特定のことについて言及することもできます。教授はあなたが将来誰であるかを覚える可能性もあるため、自己紹介はしっかりと書きましょう。

本題に入る

メールをしている実際の理由を理解してもらうために、情報を簡潔かつ明確に提示してください。特に、返信を早急に要する場合は3つの文章的確に内容を伝えるようにしましょう。これが当てはまらない場合は、代わりに教授との面会の予約を検討してください。 3つの文では、言い訳や要求を避け、簡潔に必要なものを明確に示してください。

結び

メールの締めには、必ず“sincerely,” や“best,”など結びの言葉を入れましょう。その後に名前とクラス番号または学生番号が必要な場合は記しましょう。

以上です!英語で悩んでいる方は ライティングの記事もご一読頂くと書く時のヒントをいくつかご覧いただけます。また、英語のスペルチェックには Grammarlyのようなアプリが役立ちます。メールを書き終わったら必ず読み直しをしてから送信しましょう。うまくいけば、あなたの教授があなたのメールに感謝し、思慮深い回答を準備してくれるかもしれません。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

教授へメールで質問する方法

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください