カナダの教育システム:カナダの教育の基礎

新しい留学生は、カナダの教育制度がどのように機能するかを理解するのが難しいと感じることがよくあります。良いニュースは、カナダには強力で資金のある公教育システムがあり、主に州で管理されていることです。また、各州の学校システムは他の州とは異なる傾向があるため、事態は少しトリッキーになります。これらすべてにもかかわらず、カナダの教育システムの基本は、州や学校によって変わりません。

カナダの教育

カナダの教育制度には、初等、中等、高等の3つの主要レベルがあります。さらに、カナダでは、英語とフランス語で私立と公立の両方の教育を学生に提供しています。したがって、留学生はどちらかの言語で学ぶことを選択できます。ただし、学生がケベックに住んでいる場合、この規則は適用されない場合があります。ケベック州では、高校が終わるまで、生徒はフランス語の学校に通う必要があります。ただし、この要件には例外があり、この記事では取り上げません。

初等教育/小学校

初等教育は小学校とも呼ばれ、1年生(6〜7歳)から8年生(13〜14歳)まであります。そして、その学年は9月から6月までです。幼稚園、または1年生は、学生が住んでいる州によっては必要になる場合があります。全体的に、初級クラスは、学生の基礎を構築するための基本的な一般知識を教えます。

中等教育/高校

高校とも呼ばれる中等教育は、9年生(14〜15歳)から12年生(17〜18歳)まであります。小学校同様、毎年9月から6月までです。さらに、高校は中等教育後の入学要件の単位をさらに必要とする人のためにサマーコースを提供しています。小学校と比較して、高校のコースはより具体的です。たとえば、学生は一般的な「科学」コースを受講するのではなく、生物学、化学、または物理学のクラスを受講できます。さらに、記述とテストははるかに厳しいです。

州統一試験

現在、カナダの高校生は卒業証書の要件の一部として特定の州統一試験を受ける必要があります。これらの試験は州政府によって行われ、試験の成績は非常に重要です。いずれかの試験の成績が悪いと、中等教育の入学要件を満たさなくなる可能性があります。幸いにも、教育省は、10年生、11年生、12年生コースの州統一試験を近い将来に廃止することを目指しています。

高等教育

カナダには高等教育機関が数多くありますので、カナダは世界中で最高レベルの高等教育を提供しています。主な高等教育機関には、大学が含まれます。

カレッジ

出典:カレッジオブザロッキーズ

カレッジは、キャリアトレーニングと大学単位の付与に重点を置いたコミュニティスクールです。その結果、カレッジはほとんどの大学よりもキャリア志向になる傾向があります。実践的または実践的なトレーニングを探している学生は、カレッジから非常に恩恵を受けることができます。大学に行く前に数年間カレッジに通うのが一般的です。そのため、高校を卒業してすぐに大学に進学するのに十分な成績が得られなかった生徒には、カレッジを利用することもできます。これらの学生はしばしばカレッジに出願し、その後大学に編入します。

ユニバーシティー

出典:ウィニペグ大学

カレッジはキャリアトレーニングに重点を置いていますが、大学は学士号、修士号、博士号などの学位を取得出来ます。大学とカレッジの間には多くの類似点がありますが、記事の残りの部分では、それらを大学と呼びます。

学生は、そのプログラムの入学要件を満たしている限り、希望する大学のプログラムに申し込むことができます。ほとんどの場合、学生は9月または1月に学習プログラムを開始します。学年は、多くの場合9月から4月または5月まで続き、2つの学期があります。さらに、多くの大学では夏に3学期のコースを提供しています。さらに、大学の生協プログラムを通じて仕事の経験を得ることができます。生協では、学生が履歴書を作成して学期を休み、研究分野で働くことができます。生協プログラムに参加することには多くの利点がありますが、参加するには非常に競争率が高いです。結果として、あなたは生協のために高いGPAとキャンパスの内外で多くの課外経験を持つ必要があります。

出典:ハンバー工科大学&上級学習

カナダには、3つのレベルすべてに強力な教育システムがあります。それゆえ、多くの学生が教育のためにカナダに来ます。カナダの教育システムの基本は州全体で同じですが、学校や州によっていくつかの違いがあります。したがって、特定の学校をチェックして、それらのシステムについての詳細を確認してください。

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ​

7月24日~9月8日の間、お問い合わせフォームに不良が発生していました。CISMからの返信を受け取っていない方は、お手数をお掛けしますが、再度ご連絡お願い致します。

お問い合わせの記事

カナダの教育システム:カナダの教育の基礎

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    ※ 送信完了後、控えの自動返信のメールが送信されます。
    また、こちらからは2-3営業日以内に返信を差し上げますが、メールが届かない場合はお手数ですが、jp@mycism.com 宛にお問い合わせください