留学生が学校外で働く
以下の全ての情報はカナダ移民局のWebサイトより引用されています。

誰が学校外で働けるか

カナダで働くことができるのは、学校のプログラムを開始してからです。プログラム開始前に働くことはできません。

雇用主は、学生が働き始める前に、就労ビザなしで学校外で働くことができるかどうかを確認する必要があります。学校外で働き始めても条件を満たしていない場合は、カナダを出国しなければならない場合があります。

学生ビザに「キャンパス内またはキャンパス外での就労が許可されている」という条件が記載されていれば、カナダで留学生として働くことができます。

以下の条件をすべて満たしていれば、就労ビザがなくても学校外で働くことができます:

  • 学校外で働くことができるという条件が含まれている有効な学生ビザを持っている場合
  • DLI番号のある学校でフルタイムの学生である場合
  • 以下のプログラムを履修している:
  • プログラムをすでに開始している
  • プログラムが以下を満たす:
    • 6か月以上、そして、
    • ディグリー、ディプロマ、またはサーティフィケートプログラムである
  • ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバーがある)

パートタイムの学生は、上記の条件をすべて満たし、かつ、フルタイムでなくパートタイムである理由が以下の場合のみ、学校外で働くことができます:

  • プログラムの最後の学期である
  • 一つ前の学期までカナダでフルタイムの学生であった
  • プログラムを完了するのにフルタイムである必要が無い

許可されて学校を休んでいる場合や、学校を変更しており、就学していない場合は:

  • 学校外で働くことはできません
  • 就学を再び開始した場合のみ、働くことができます

カナダ働くためにソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)を手に入れる

ソーシャルインシュランスナンバー(SINナンバー)はカナダ政府が提供する9桁の番号です。この番号はカナダで働くのに必要です。

学校外で働くのにSINナンバーに申請する場合、学生ビザに以下の条件のうちの1つが明記してある必要があります:

  • 移民・難民保護規則第186条(v)に記載されている基準を満たしている場合は、週20時間の学校外勤務、または決められた休暇時にフルタイムで勤務することができます。
  • R186(f)、(v)または(w)の資格基準を満たしている場合は、学校内または学校外での雇用を行うことができ、これらの基準を満たさなくなった場合は就労を中止しなければならない。

学校外で働く資格があるが、学生ビザにこれらの条件のいずれかが記載されていない場合は、これらの条件を追加してもらうことができます。これらの条件をビザに追加するための費用は無料です。

サービスカナダからSINナンバーを申請する前に、学生ビザの修正申請をする必要があるかもしれません。

学校外でどれぐらい働くことができますか?

カナダで働くことができるのは、留学プログラムを開始してからです。プログラムが始まる前に働くことはできません。

通常の学期間:

  • 最大20時間まで働くことができます

学校の決められた休暇時(冬休みや夏休みなど):

  • フルタイムで働くことができます
  • 一番最初の学期を始める前の休暇には働くことができません

プログラム中に決められた休暇がない場合、週に20時間以上の勤務はできません

学校外で働けない人

以下の状況のいずれかに当てはまる場合は、就労ビザがなければ学校外で働くことはできません

  • 学生ビザに、就学中に学校外で働くことはできないと書かれている場合
  • 第二言語としての英語またはフランス語(ESL/FSL)プログラムにしか在籍していない場合
  • 一般的な興味のために授業を受けている場合
  • フルタイムのプログラムに受け入れられるためにいくつかのクラスを取っている場合
  • 状況が変わり、学校外で働くための条件を満たさなくなってしまった場合

これらの状況のいずれかが当てはまるが、カナダで勉強しながら働きたい場合は、就労ビザを申請する必要があります。

就学の状況が変わった場合

学校外で働く資格がなかったが、学業状況が変わった場合、学生ビザの条件を変更できる可能性があります。

以下の場合は、学生ビザの条件の変更に申請できます:

  • 学校外で働くことができるプログラムに変更し、かつ、学生ビザに「このビザは、保有者がカナダで学校外での雇用に従事することを許可するものではありません」と書かれている場合、または、
  • もう当てはまらない条件が学生ビザに明記されている場合

学生ビザの条件を変更するには申請が必要です。この変更には手数料がかかります。SIN番号を申請する前に行う必要があります。

プログラム完了後に就労する場合

学習プログラムを修了した後、フルタイムで働くには2つの方法があります:

  • 学生ビザが切れる前に、就労ビザに申請した場合
  • 新しいプログラムを履修し始めた場合

フルタイムで働くためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。就労ビザまたは学生ビザの申請を拒否された場合は、就労を中止してカナダを出国しなければなりません。

すでに就労ビザに申請した場合

以下の条件を全て満たす場合のみ、フルタイムで働くことができます:

  • 就学中に学校外で働くことができた場合
  • 学生ビザが切れる前に、就労ビザまたはポストグラデュエート就労ビザに申請した場合
  • 就労ビザ申請許可の判断待ちである場合

新しいプログラムを履修し始める場合

以下の条件をすべて満たしていれば、フルタイムで働くことができます:

  • 以前の就学期間中に学校外で働くことが許可されていた場合
  • 有効な学生ビザを保持している、または、切れる前に延長した場合
  • 現在の学校からプログラムを修了したことを証明する書面上の確認が届いた場合
  • DLI番号を保持している学校でのフルタイムプログラムへの新しい入学許可証を受け取っている場合
  • 以前のプログラム修了の証明を受け取ってから150日以内に新しいプログラムを開始する場合
編集日:2019-02-28 by IRCC

免責事項

ビザ、就労、移民関連の手続きや規定、ルール等はカナダ移民局が予告無く変更します。当ウェブサイトに記載している情報を元に何らかの判断を行う場合、私共にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。ご自身でお手続きを進めたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、私共では一切の責任を負いません。

また、ビザ関連カテゴリ内の記事は英文を翻訳したものです。当ウェブサイトでは誤訳等のないよう万全を期していますが、翻訳と原文に齟齬が生じている場合、原文の記載を優先します。(記載されている情報を使用したことによって生じるいかなる損害について、弊社は一切の責任を負いません。)より正確な情報が必要な場合は、英文の原文をご参照ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google+
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事

当記事へのお問い合わせはこちらへどうぞ

お問い合わせの記事

留学生が学校外で働く

[contact-form-7 id="677" title="Contact form PostsPage"]